『Russian Church Music』

RussianChurchMusic.jpg ロシア正教会の聖歌集です。聴いていて鳥肌が立つほどの美しい四声の男声コーラスです。

 浅はかな知識で申し訳ないのですが…キリスト教というのは、大きく分けるとカトリック、プロテスタント、そして東方正教会系の3つに分かれると思います。この場合の「東方」というのは、西洋か東洋かではなくって、西ヨーロッパか東ヨーロッパかという意味。僕らが結婚式の時なんかに耳にする讃美歌は、東方ではなくって西寄りの音楽です。で、すごく分かりやすい西と東方の教会音楽の違いは、伴奏の有無です。東方正教系は、無伴奏なんですよね。東方正教会というのは、ある側面で商売化してしまった一部カトリック教会の歴史と違って、すごくストイックで、本当に救いを求めているような感じ。この宗教そのものの在り方と相まって、無伴奏合唱が恐ろしく静謐で荘厳な感じ。西の聖歌がどこか明るい感じなのに対して、ロシア正教会系の聖歌はどこか暗く、そして荘厳なんです。いつかロシア民謡のディスクを紹介した事がありますが、これはロシア文化に通底するところなのかも知れませんね。

 東方正教会というのは、結局はローマ・カトリック教会みたいな総本山と支部みたいな感じじゃなくって、あくまで自分たちが信仰してきたものを大事にして、山村にひっそりと作った教会や洞窟で祈りを捧げているという独立独歩みたいなイメージが僕には強くて(あくまで僕のイメージです、実際はどうなんでしょうか)、だからローマ正教系とかブルガリア正教とかグルジア正教とか、一本化されずにそれぞれバラバラにやってる感じです。で、ローマ正教系の聖歌を収めたこのディスクは、特に「祈り」という側面が強いんじゃないかと思います。言葉がすごく重要という感じなんですよね。旧ソ連時代って、宗教が弾圧されてたじゃないですか。だから、キリスト教徒は山に隠して作った教会に密かに集まって、祈りを捧げていたんだとか。なんか、そういう心から出てきた祈り、みたいなものをニワカの僕ですら感じちゃうぐらいの凄いコーラスなんですよ。教会音楽から発展していたクラシックの歴史なんかまったく無視して、5世紀とか6世紀の教会音楽がそのまま残っている感じ。しかも、それを音楽家がやっているというより、ロシアの森の奥で、それがずっと歌い継がれてきた、みたいな凄さを感じます。

 東方正教会系のものすごい合唱を聞きたければ、このCDは絶対の一枚だと思います。僕は、この荘厳さに、なんかまるで宗教的な感動にも近いような心を打たれ方をしてしまいました。あ、そうそう、このCDですが、すべての聖歌のロシア語歌詞と英語歌詞(もうひとつ、何語か分からない歌詞がついてます。ラテン語?)、それにロシア正教歌に関する詳しい解説(英語やロシア語など)がついてます。これが素晴らしすぎるので、MP3のダウンロードではなくって、ブックレットがちゃんとついているCDでの購入をおススメします(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

伴奏楽器がないということは完全な純正律によるハーモニーということなんでしょうね。

Re: タイトルなし

 わんわんわん様、書き込み有難うございます!

 純正律に近いという弦カルテットの演奏を聴いた事があります。僕にとっては、純正律な感覚というのはその時のイメージしか持っておらず、正直のところこれは純正律に近いかどうかは正直なところ分からないのです(^^)スミマセン。
 ただ、僕が感動している部分というのは、響き自体もそうなのかも知れませんが、なんかもう少し違う所にある気がします。オルガヌムを最初に聴いた時の感動に近いです。音が音以外の何かを指し示している感じで、もし音楽的な所だけを目指すのであればそうしないような所をレガートしたりするんですよね。これは一例なのですが、色々な所にハッとする部分が出てくるのですが、なぜそうなのかという一切がすべて言葉に向かっていて、その言葉を唱えんが為にハーモニーの在り方を含めた全てが決まってきてるんじゃないかという感じなのです。

 いつもブログを書いていていつももどかしく思うのが、この音的で感覚的な問題と、実際にある(または僕自身が感じる)その背景にある理性的な問題をうまく言葉で言い当てられないんですよね(^^)。せめて、自分がいいと思った音楽だけでも色んな人に伝えられればと思うのですが、もうちょっと言葉の勉強をしないとダメですね(^^;)。

高貴すぎて

コメントしてみたいんですけど、クラシックに疎すぎて
何が何やら••••
クラシックって言ってもい肩ひじ張らずに
聞けばいいんでしょうけどね
Bach Bachが眩しいです

Re: 高貴すぎて

ボネ太郎さん、こんにちは、書き込みありがとうござます。。

あはは、そうですね、クラシックってちょっとメンドクサい所がありますよね(^^;)。
もうすぐロックに戻ってくると思いますので、もう少し待っててくださいね!!

これも購入しました。

これもこちらを読んで購入です。
グレゴリオ聖歌は大好きで、25年?くらい前に大学の教養でLPを初めて聴いた時に感動で震えたのを覚えています。それ以来いろんなグレゴリオ聖歌のCDを買いましたが、なんだかんだ言ってもソレム修道院のものが一番好きかもしれません。ロシア正教歌も好きなのですが、これは持っていませんでした。グレゴリオ聖歌とだいぶ違いますよね。
アカペラが大好きでして、世界の様々な国のアカペラを楽しんでいます。
ロック、クラシック、ドゥーワップ、ジャズ、ワールド等いろんなアカペラのCDで楽しんでいます。
ハルモニアムンディは大好きなレーベルで、アノニマス4の他、古楽の50枚BOXセット第1集と第2集等、他にもいくつか持っていますが、これは入っていませんでしたので、単体で購入しました。
また好きなCDが一枚増えました。

Re: これも購入しました。

続いて、書き込みありがとうございます!

あ、グレゴリオ聖歌、お好きですか?僕的には、その後ぐらいから始まるオルガヌム、そして対位法の時代の声楽が大好きです。バロック以前ですね。あのあたりの声楽は、本当に素晴らしいですよね!!

ハルモニアムンディって、ヨーロッパ各地にありましたけど、どういうレーベルなんでしょうね。僕は詳しくないのですが、宗教音楽や民族音楽のCDを作っている多国籍企業(?)って、なんかすごいなと、若い頃は思っていました。そうおす、ロシアの宗教音楽は、BISというクラシック系のレーベルも素晴らしいですよね。なんといっても、ロシアのレーベルですから(^^)。そうそう、このCDですが、僕は言葉では言い表せないぐらいに好きで、聴き始めるとタマシイが持ってかれちゃうんです(^^;)。。

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド