『菊地雅章 / ススト』

KikuchiMasaaki_Susto.jpg 菊地雅章さんの作品としては、前の記事で取り上げた『アタッチト』よりも、こっちの方が100倍ぐらい有名なんじゃないかしら。1981年発表のリーダー作です。

 音楽性が、『アタッチト』とは全然違うので注意。もろにブラック/ファンク色が強かった頃のエレクトリック・マイルスです。エレピとか、シンセとか、ロック風のドラムとか、その上でダラダラとインプロしている管楽器とか。1曲目なんかずっとループですし、2曲目はエレキギターにエレキピアノに8ビートのドラムで適当に合わせていて、どフュージョン。この時代のジャズってエレクトリックの方向を向いていた所があって、テレビだと赤いルパン3世とか松田優作のドラマのBGMなんかがこの路線、映画でも金田一耕輔みたいなスリラーですらこういうサウンドでした。今聴くと「ああ、80年代の日本の歌謡フュージョンだなあ」なんて思っちゃいます。エレクトリック・ジャズでもものすごいカッコ良いものってあると思うんですが、このアルバムは安直で浅くてダサい(あくまで僕個人の感想です^^;)。

 こういう音って「時代の思い出」としては嫌いじゃないんだけど、音楽の本線とは思えなくて、流行をやったというだけの気がしちゃう。この録音、たぶん簡単なリードシートだけを作ってセッションしたんじゃないかと思うんですが、これをやれと言われたら、そこそこのミュージシャンなら誰でも簡単に作れると思います。このアルバムは結構売れたもので、若い頃の僕にとっての菊地さんのイメージはこれでした。「鍵盤奏者にありがちな、一応色々な音楽は出来るけど、何をやりたいかがはっきりしない技術屋さん」みたいな印象を持ってしまって、ナメていたわけです(^^;)。。というわけで、僕には合わないアルバムでした。あ、でも、フュージョンとかエレクトリック・マイルスのセッション的な作風が好きという人だったら、結構イケるのかも。しかし前の記事で書いた『アタッチト』で、その印象が180度変わっちゃうんだから、アルバム1枚でミュージシャンを評価するというのは危険なんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド