心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『日野皓正 / ブルーストラック』

HinoTerumasa_Bluestruck.jpg 僕がジョン・スコフィールドの演奏を「おお、かっこいい!!」と思った切っ掛けは、1998年発表の日野皓正さんのこのアルバムでした。この頃、日野さんはやっとジャズに帰ってきた感じで、マウント富士ジャズフェスティバルなんかにも出てきて、素晴らしい演奏をしていました。

 このCDが出た頃、僕はようやくジャズの仕事をいただき始めていたのですが、とにかくうまく演奏できなくって泣きそう。うまく行かないので、ステージに上がるのが怖くて仕方がなかったです。マジでストレスから胃がおかしくなっちゃった。そんな頃、雲の上の存在の日野さんは憧れの対象。そしてこのアルバム、1曲目「ロマンセロ・ヒターノ 」がカッコよすぎる!!曲のヘッドはEphrygian → F△の繰り返し…フラメンコです!!曲から管のアンサンブルまで、全てがカッコいいこの曲なんですが、良いのはそれだけじゃなかった。このスペイン風の曲想からジョンスコのギターソロに入ると…うおお、グニャグニャしていてカッコいい~~!!僕が人にジョン・スコフィールドの演奏を薦めるとしたら、間違いなくこのアルバムを選びます!で、僕は、この曲のソロで一気に「ジョンスコってすげええ~!!」となった訳ですが、しかしその後にジョンスコのアルバムを追うも、これを超えるものに出会う事は遂になかったという(&p゚ω゚*)。
 また、アルバムのバランスもすごくいいです。2曲目は一転してルンバ調の曲、3曲目「ブルーストラック」はバップ期のメジャーブルースみたいなナンバー、4曲目は美しすぎるジャズ・バラード…素晴らしいです。「枯葉」なんかも入ってますが、これも普通に演奏する事なく、一捻りも二捻りも入ってる。文句なしで素晴らしいアルバムと思います。で、完璧にアンサンブルを作り上げた上で、日野さんは縦横無尽にソロを取るのですが…おおおお、すげええ~~!!!なんだかんだ言われながら、やっぱり日本のトランぺッターといえばこの人をおいてほかにないでしょう(^^)!!

 ただ、久々に聴いて、マイナス面も少しだけ感じてしまった。ひとつは、リズムがスクエアすぎるというか、ぜんぜんグルーヴしない。これは、スタジオ録音の弊害か、フュージョン以降のジャズの悪しき傾向か。ひとつは…前の記事に書いたように、やっぱりフュージョンの問題であるエレキ・ギターのサウンドのまずさ。さっき1曲目のジョンスコのプレイをべた褒めしましたが、音はコーラスやリヴァーブを挟んだようなシャリシャリのエレキサウンド。で、アルバム後半になると、このシャリシャリの軽すぎるサウンドでコード演奏してバッキングするせいで、バンドのサウンドが混ざらない。この辺は残念でした。
 このアルバムって「大人が楽しむ事の出来るオシャレなジャズ」という感じがします。一生懸命働いた人が、夜に洋酒でも飲みながら聞いてカッコいい音楽、みたいな。つまり、大人のエンターテインメントであって、音楽を深く掘り下げているというものではないと思います。こういう音楽を楽しめるなら、超一流のエンターテイメント・ジャズ、弱点を補って余りある破壊力を持ったアルバムなんじゃないかと。壮年期の日野さんの代表作と思います!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS