fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『King Crimson / Ladies of the Road』

King Crimson Ladies of the Road 初期キング・クリムゾンは大きく分けると3回大きなメンバーチェンジをしていますが(つまりバンドは4つ)、71~72年前半のアイランズ期(サード・ラインナップ)のライヴ音源は、オーディエンス録音含めてけっこう残っています。その頃のライヴやラジオ放送用のスタジオ・ライヴを集めたCDがこれ。ディスク2枚組で、ディスク2は「21世紀の精神異常者」だけが11テイク入っているという(^^;)。

 で、この「寄せ集め」音源というのが判断の難しい所で、ディスク2の精神異常者ラッシュを除くと、音源は以下の4つです。

・71.4.13 Zoom Club, Frankfurt, Germany
・71.5.11 Guildhall in Plymouth, UK
・71.11.13 Eastown Theatre, Detroit, Michigan, US
・72.3.12 Summit Studios, US *ラジオ番組用のスタジオ・ライヴ

 アルバム『アイランズ』の録音は、71年の7月からなので、ドイツとイギリスの公演は録音前。アイランズ期クリムゾンの音源って、72年のものが多いんですが(たぶん、アルバムが71年12月にリリースされたから)、それだけに71年のパフォーマンスをきけたのは、色んな意味で興味深かったです。

 そして…72年当時公式発表されたライヴアルバム『Earthbound』より圧倒的に音が良くてびっくり!単なるジャム曲も入ってないし、曲のセレクトも万遍なしといった感じ。初期4枚のアルバムそれぞれから選んだだけでなく、オリジナル・メンバー時代にライヴだけで演奏されていた曲も演奏していたんですね。なるほど、過去のレパートリーもライヴでしっかり取りあげていた事と、ライヴではかなりインプロヴィゼーションを重視していたのがよく分かります。正直、『アースバウンド』を買うなら、こっちを選んだ方が…とすら思いました。
 ただ、このライヴ演奏をどう感じたかというと…僕の場合、マイケル・ジャイルズやイアン・マクドナルドがいた頃のキング・クリムゾンや、この編成の後に組まれたジョン・ウェットンらが入ったクリムゾンのライヴには完全にノックアウトされたんですが、この時期のライヴである本盤には、そこまで感動を覚える事が出来ませんでした。スマヌス。

 さすがにロック史上でも最高峰レベルと言えそうな、マイケル・ジャイルズがいた頃や、この後のジョン・ウェットンらが入った時と比べたら可哀想ですが、それでも下手なバンドじゃないとは思うんですよ。ただそれって、「ロックだけやってたバンドマンが演奏するには手こずりそうなクリムゾンの曲を、ライヴでよくここまで頑張ったな」ってぐらいの感じ。でもそういう感想って、もう聴いているこっちが上から目線になっちゃってるじゃないですか。そうじゃなくて、「うわ、すげえ」って引っ張りまわして欲しいんですよね(^^;)。何でそうなるんだろう…
 色々あるけど一番のポイントだけを言うと、楽曲が暗に示している方向の即興を演奏するだけの能力がない、これに尽きるんじゃないかと。言い方を変えると、即興がただのジャム・セッションなんですよね。。
 例えば、テーマ部分はニュージャズと言っても良いぐらいの曲「Groon」も、ブローイングコーラスに入るとFのドリアン1発、みたいな。これだったらテーマも曲想も関係ないですよね。アマチュアのロック好きさんたちが、初対面でスタジオ入ってやるあれです(^^;)。オープンに入った瞬間にスケール一発のジャムになってしまうのは、「Get Thy Bearing」も同じ。実際にはスケールどうこうより、そうやって即興で音楽を組み立てるかという部分なんですが、まあ分かりやすい所だけ指摘するならそんな感じです。またよりによって、スタジオ盤と差別するためか、このコンピに収録された曲って、即興多めのものが敢えて選ばれたようにも感じるんです。

 このバンド、良いものも持ってたと思うんです。ドカドカ来るイアン・ウォーレスのドラムは結構な迫力だし、長いサステインを活かしたロバート・フリップのギターソロは時として耳を奪われるし。ただ、もっと大きい所で、これまでのクリムゾンが創り上げてきたものをリアライズできるだけのレベルに達していなかったバンドなんでしょうね…なーんて思ったんですが、次に取りあげるライブ盤で僕は手の平を返すことになったわけですが(^^;)。。
 ちなみに、このCDに収録された先述の4つのライブなりラジオなりの音源って、今はそれぞれ単独でリリースされてます。元々はブート、のちにそれをクリムゾンがファンクラブ限定でリリース、みたいな形で。だから、今からこの編集アルバムを楽しもうとするのであれば、アイランズ期のクリムゾンのライヴをどこまで追うつもりがあるのかで判断するといいかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
今年も来年も 
BachBachさんと年末のご挨拶をするのも何度目になるでしょうか。
世の中にCDレコード評のブログはうんざりするほどありますが、チャーリー・パーカーの次にキング・クリムゾンのアースバウンドがくるのは、BachBachさんのブログ位しかないでしょうね、笑。

今年も、沢山の記事ありがとうございました。知っているミュージシャンの記事でも耳タコの内容でなく、興味深く読める数少ないブログとして、引き続き遊びに来させてもらおうと思っています。

関東メディアでは、例年にもまして箱根駅伝一色です。私も結構夢中でみてますが。
今年の年末年始は、穏やかな天気でいいですね。
来年もよろしくお願いします。
Re: 今年も来年も 
AKISSH さん、コメントありがとうございます。
なんという偶然、私も今AKISSH さんのブログにコメントさせていただいておりましたww

今年も楽しくお話させていただき、ありがとうございました。
学ばせていただく事も多く、ここでコメントいただくのも、AKISSH さんのブログを拝読させていただくのも、とても楽しい時間です。

今年もお世話になりました。どうぞ、良い年の瀬をお迎えください!

04 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS