『日野皓正クインテット / HI-NOLOGY』

HiNology.jpg 日野皓正さんが壮年期に発表したアコースティック路線のアルバムばかり紹介してきましたが、日野さんは若い頃に発表したエレクトリック・ジャズ路線も死ぬほどカッコいいです!フュージョンやエレクトリックジャズにはあまり触手の動かない僕でも、このアルバムはカッコよすぎてしびれました(`・ω・´)ノ!!これ、疾走感が凄すぎて、めっちゃいいです!!超がつくほどの名盤です!!

 マイルス・デイヴィスというジャズ・トランぺッターが「死刑台のエレベーター」という映画の音楽を作った事があります。それ、フィルムを見ながら即興でマイルス・バンドが演奏したらしいので構成はデタラメなんですが、疾走感が凄い!で、これと同じような事をエレクトリックピアノやエレクトリックベースを入れてやったのがエレクトリック・マイルスと呼ばれるマイルス・バンドの特徴だったんじゃないかと。僕、エレキギターが安っぽいサウンドを作ってピロピロやるフュージョンは嫌いなんですが、エレピやエレベがアコースティックと混じってグルーヴする疾走するジャズロック的なものは、めっちゃ好きなのです(^^)。この路線に限っていうと、アメリカよりも日本とかイギリスの方がカッコいいものを作っちゃう気がします。で、世にあるエレクトリック・マイルス路線のアルバムの中でも5本の指に入ると思えるものがこれ!本家よりカッコいいんじゃないかい?!

 1曲目の時点ですでにカッコいいんですが、4ビートでのエレクトリック・ジャズの2曲目"ELECTRIC ZOO"で私はぶっ飛んでしまいました。エレピにエレベでフォービート(やっぱりジャズロックといえども4ビートのドラミングの凄さは変えない方がいい気がする)、めっちゃくちゃカッコいいヘッドからアドリブに突入、アップテンポで突っ走り、どんどんフリーフォームになっていきます。いやあ、これは凄すぎる…。で、とんでもないドラムソロにまで突入してから、最後にスパッとテーマに戻す。いや~、これは鳥肌モノのカッコよさです。グッチャグチャのカオスになる所とビシッと揃う所が自在、これは凄すぎる演奏でした。日本ジャズ史の中でも、これは特筆すべき演奏じゃなかろうか。そうそう、メンツを書いておくと、日野皓正(tp)、村岡健(tp、これがまたカッコいい!!)、鈴木宏昌(el-p、死ぬほどカッコいい!)、稲葉国光(eb)、日野元彦(dr、天才)、です。

 いや~、ここまでべた褒めすると逆に嘘くさく感じちゃいそうですが、本当に素晴らしいアルバムなんですよ。お客さんの顔色ばかり窺っていたり、指先のテクニックばかりでちまちましたりする軟弱ジャズとは一線を画する、ハードボイルドなエレクトリックジャズの大名作だと思います!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

mmm…

良さが分かりませんでした

Re: mmm…

そ、そうでしたか…。。人の感性はそれぞれという事ですね、きっと。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド