心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『BIG BROTHER AND THE HOLDING COMPANY』

BigBrother.jpg ロックの女性ヴォーカリストと言えば最初に名のあがるだろうジャニス・ジョプリンのレコードデビュー作です。とはいっても、あくまでジャニス・ジョプリンはメンバーのひとりであって、しかも男女ツイン・ヴォーカルの片割れ。日本盤なんかひどいもので、"BIG BROTHER AND THE HOLDING COMPANY"というバンドのレコードなのに、「ジャニスジョプリン/ファースト・レコーディング」なんていうタイトルでリリースしています(^^;)。もう、ジャニスのアルバム扱いです。ひどいぞ、日本のソニー( ̄ii ̄)。。

 肩を持つわけじゃないのですが、この「ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー」というバンドがなかなか良い味出してます。67年の西海岸という事で、フォークとロックがサイケデリックにチャンポンしてるような音楽。この辺のバンドはけっこうカラーが似ていて、グレイトフル・デッドとかジェファーソン・エアープレインとかカントリー・ジョー&ザ・フィッシュとかの音楽は、僕の中では「ヒッピー・ミュージック」とか「西海岸のサイケデリック・ロック」みたいにまとめちゃってます(^^)。これらのバンドの共通項は、どこかショボいという事(お世辞にもうまいとは言えないけど、しかし下手でもない感じ)と、しかしそのショボさがショボいだけじゃなくってえらい魅力的というかやけに味があり、またセッション的なものが多い事、あたりでしょうか。ドアーズだけは毛色も違うしレベルも別格なんですが、他のバンドは本当に印象が似ています。印象というのは…
 このアルバムもそうなんですが、なんか明るいんですよね。明るいんだけど、健全な明るさというより、なんかポヤ~っとしてるというか、ドラッグやって明るくハイになっているような感じ。ドラッグやって明るくなるというのがアメリカ西海岸的なのかも。これがジャーマン・サイケだと暗くハードにドロドロになりますからね(^^)。そこにヒッピー的なものを感じちゃうのは、時代背景を知っちゃってるからでしょうか。音楽も、音楽だけが独立してバッチリ作ってあるというより、アルコールとかドラッグとかセックスとかも含めてひとつの文化で、音楽はあくまでその中の1アイテム、みたいに感じちゃいます。ジャニスが思いっきりヴォーカル取る曲もありますが、そういう曲は少ないです。やっぱり、「西海岸カントリー・サイケ・ロック」みたいな言葉で言いあらわしたくなっちゃいます。明るくダラ~っとした印象のアルバムですが、この躁的で白昼夢のような明るさ、嫌いじゃないです。しかし、"BIG BROTHER AND THE HOLDING COMPANY"の本領が発揮されるのは、次のアルバムからだったんじゃないかと僕は思っています(^^)。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS