心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Marilyn Monroe / Songs from the Movies』

MarilynMonroe_SongsMovies ホーギー・カーマイケルほど古いものではないですが、古き良きジャズ・エイジの幸福な感じが残っているレコードを。ハリウッド女優ナンバーワンといえば、やっぱりこの人なんじゃないかと思います。マリリン・モンロー!このアルバムは、そのマリリン・モンローが、自分が主演した映画とか舞台とかの主題歌を自分で歌っちゃったという素晴らしい1枚。とはいえ、オケが往年のハリウッドのストリングスじゃなくって、ジャズバンド。しかしこれは大ハマリ!!ビバップとかモダンジャズじゃなくって、ベニー・グッドマンみたいなゆったりした気持ちいいビッグバンドで、モンローさんにぴったり。いいな~。

 収録は「紳士は金髪がお好き」と「帰らざる河」(あの映画は素晴らしかったなあ)からのチョイスのほか、選曲とアレンジがスバラシイ。。「帰らざる河」のあの弾き語りは、録り直しじゃなくって、もしかしたらサントラから抜いてきたのかな?で、マリリン・モンローの歌なんですが…いやあ、ケネディ大統領の誕生日に歌ったハッピーバースデーが音痴すぎてびっくりだったので、もっと下手な人かと思ってたんですが、うまいじゃないんかい?息の混ぜ方とヴィブラートのかけ方は明らかにジャズ。"kiss"なんて、これを下手とは絶対に言えないだろう…。男をたぶらかす時だけあの「アハ~ン」みたいな歌い方をするんですが(^^;)、大人な歌ではしっかり歌っていてびっくりしました。でもやっぱりあの「アハ~ン」な感じは魅力あって、"My heart belongs to daddy" とかはヤバいです。あの声で「私の心はパパのものよ~ン」なんて歌われたら、アメリカ人の親父たちはみんなメロメロになるわな。。あのため息が混ざったような声がエロさの秘訣なんだな( ̄ー ̄)。モンローさんの良さは、40歳を過ぎないと分からないという事か。子供の頃は、「何でこれがいいんだ?ブスじゃん」とか思ってましたからね、私(^^;)。

 というわけで、アメリカがハッピー極まりなかった20年代から50年代あたりの雰囲気をこれでもかと楽しめるアルバムと思います。ムードある曲も絶品、ハッピーな曲も絶品。いやあ、これはいいです。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
 
Bach Bachさん、こんばんは。

〉子供の頃は、「何でこれがいいんだ?ブスじゃん」とか思ってましたからね、私(^^;)。

同感です。こういうセクシーさってチンプンカンプンでした。
今ならわかるんでしょうか(笑)。
いっぺん聴いてみます。
メロメロになったりして(笑)。
Re: タイトルなし 
bolden blue 様、書き込み有難うございます!

いや~、サラッと流してしまいたい部分を拾われてしまいました(^^;)。
でも、そうですよね。きっとみんなそうですよね?!

でも、歌は想像よりも良くってビックリでした。
機会がありましたら、ぜひ聴いてみて下さい。メロメロになるかも知れません(笑)。


10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS