心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『アルゲリッチ(pf), アバド&ベルリン・フィル / ラヴェル:ピアノ協奏曲、夜のガスパール、ソナチネ、水の戯れetc.』

Ravel_PianoConcerto_Argerich.jpg クラシック・ピアニストのマルタ・アルゲリッチによる、ラヴェル作品集です。このCDは編集盤なのかな?(すみません、あまり詳しく知りません^ ^;)。収録されているのは、以下のラヴェル作品です。

 ピアノ協奏曲
 夜のガスパール
 ソナチネ
 高雅にして感傷的なワルツ
 水の戯れ


 うち、ピアノ協奏曲だけがクラウディオ・アバド指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との共演で、あとはピアノ独奏です。

 ラヴェルという作曲家の音楽は時代によって変化していくのですが、最も典型的な作風は、ドビュッシー以降の一部フランス音楽が受け継いだ4度和声と呼ばれる作曲技法の使用。これがロマン派や新古典派のクラシックとはまったく違った響きを持っていて超魅惑的!!このCD収録の曲だと、「水の戯れ」の色彩感覚なんかはまさにそれ!アルゲリッチ演奏の「水の戯れ」狙いで、このCDに手を出す人も多いんじゃないかと。間違いなく名演です!ただし、「サーッ」という録音ノイズが少し多いかな?
 しかし、個人的な推薦は2曲目「夜のガスパール」です!!「夜のガスパール」とはベルトランの書いた詩の事ですが、これはラヴェルがそこから着想を得て書いた曲集で、詩はついていません。これが実に幻想的なサウンドで、しかも雰囲気中心の小品とは違って、曲がものすごくよく構成されている!!いや~、ラヴェルって結構大量に曲を書いてますが、よくもこれだけ見事な曲を量産できるもんだ、すごいです…。「ピアノ協奏曲」や「水の戯れ」は有名ですが、ガスパールは聴いた事がない人もいるかと思うので、これはぜひ聴いてほしい。個人的には超がつくほどの名曲だと思っています(^^)。あ、そうそう、この曲、ピアニスト視点で言うと別の側面もありまして、すごくゆったりとした曲のくせに、実は超がつくほどの演奏困難曲(+◇+、)。私、この曲に挑戦した事があるんですが、諦めました_| ̄|○。。

 いずれにしてもピアノ独奏はどれもこれも絶品。残る協奏曲は…いやあ、これもいい(^_^)。僕が知っている範囲では、アルゲリッチは後年に同曲をロンドン・フィルとも演奏していますが、なんというか、こちらの録音の方が瑞々しいです。1楽章後半でピアノとオケがくんずほぐれつになる所があるんですが、ここの絡み方なんかは白熱しつつも決して雑にならないというか、実に見事。でも、個人的にはピアノ独奏曲の方が好きかな?ラヴェルの管弦だと、協奏曲ではない方が響きそのものを楽しめるかも。

 ラヴェルのピアノ絡みの名作をアルゲリッチの演奏で…というCD。こう紹介すると妙に安っぽく感じてしまいますが(^^;)、曲の完成度の高さと響きの素晴らしさ、そして表現力が半端ではない(うまいとかヘタじゃない、上手いなんて当たり前で表現が凄い!!)アルゲリッチの入魂の演奏は、こういう僕のヘタクソなレビューなんか吹っ飛ばしてしまう素晴らしさです。死ぬまで手放さないCDの棚に入れてあります、大推薦!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments
 
わんわんわんも持ってます。これはすごい1枚ですね。
どのラヴェル作品にも言えることですが、あの複雑なフレーズも全部2本の手で演奏されていると考えると、空恐ろしい技量です。
特に彼女の場合は非常にエネルギッシュな演奏で楽器が鳴りまくってますね。
これは凄すぎ 
わんわんわん様、書き込みありがとうございます!

いや~、これ凄いですよね。素晴らしすぎる演奏で、このCDを流し始めたらもうやばいです。
若い頃のアルゲリッチさんの演奏は、もう楽器と身体が完全に一致しているというか、思ったことや感じたことが全部音になってしまうような素晴らしさを感じます。
雑音は時代もあるので仕方がないとして、この楽器の鳴りを捉えた録音も素晴らしいと思います(^^)。


10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS