映画『おおかみこどもの雨と雪』

Ookamikodomo.jpg 昨日、テレビの金曜ロードショーでこの映画をやっていまして、アニメだと思って軽く見ていたらとんでもない、素晴らしくってずっと見てしまいました(^^)。内容は、狼男と結ばれた女性が、狼男と死別してからがんばって子供ふたりを育てるというもの。

 僕個人の感想としては、オオカミ云々は、この映画の内容からすると、さして重要な事ではないと思いました。そういった意味で、「狼男と…ああ、ガキくさいテーマだな」と早々に切り捨ててしまうのは勿体ないです(^^)。重要な点(そして恐らく本当のテーマ)は、女性という生のあり方。大学で好きな人と会い、それぞれに思いやりと愛情があり、愛し合い、死別する。忘れ形見の子供を、女手ひとつで育てる。生きるか死ぬかを賭けて懸命に植えた野菜が簡単に枯れてしまい、打ちのめされる。それでも子供と向き合い、自分の生活を犠牲にして子供を懸命に育てる。…いやあ、見ていて涙が出てしまいました。

 僕自身に子供がいたとして、ここまで子供の為に生きられるか。また、自分が女性だとして、男性に対してこういう愛のむけ方を出来るか。これを「笑止」「リアルでない」とばかりに非難する書き込みをネットで幾つか見つけましたが、それはそのように受け止める人の方に問題があるのでは?幼児虐待なんかのニュースは毎日のようにテレビから流れてきますが、そういう現状を含めて、愛のあり方を問うているのではないかと私は思いました。ただ、最後のオチのつけ方が慌ただしいというか、もう少しテーマが分かりやすく伝わるような締め方もあったような気もします。ちょっと尻切れトンボっぽかった。

 あと、内容ではなく、技術的な事になってしまいますが、表情の書き方が素晴らしいと感じました!いや~、絵で描く人の表情で、あそこまで色々な感情を表現出来てしまうのか…表情に関しては、宮崎駿監督を凌駕する素晴らしさだったと思います。ジャパニメーションって、侮れないなあ。今年見た映画では、「スタンド・バイ・ミー」に次ぐ第2位(いかに地上波再放送でしか映画を見なくなったかが分かっちゃうけど^^;)、素晴らしかった~!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド