映画『時をかける少女』( 細田守監督・アニメ版)

TokiwoKakeruShoujo.jpg 先週観た「おおかみこどもの雨と雪」というアニメ映画が素晴らしかったものだから、同じ映画監督さんが撮ったというアニメ映画をテレビで見ました。昔、原田知世さん主演の角川映画か何かで同じタイトルの映画がありましたが、それと同じ原作だったりするのかな?原田さんの映画自体を観ていないので分かりませんが、あの人はメチャクチャかわいかったのと同時に、ちょっと音痴だっ(以下自粛)。。(*加筆:コメント欄より、「最近の原田さんはうたがうまい」旨の書き込みをいただきました。え?マジで?と思い、YouTubeで最近発売になったCDの発売記念イベントでの歌というものを聴いたところ…おおお!!すごくいい!!原田さん、申し訳ありませんでしたm(_ _)m)。

 映画の内容は、自由自在にタイムスリップ出来るようになった少女を中心としたコメディタッチな展開から、次第にシリアスな感じになるというビルドゥングスロマンというか青春映画というか、そんな感じ。あくまで個人的な感想ですが、青春映画なら、もう少し青春映画的なキュンと来るような所が欲しかったです。また、成長物語ならそれはそれでかなり物足りない感じ。恋愛ものだとしたら…これはきっと子供が見てキュンとなるための映画でしょうから、私が語ってはいけませんね(^^;)。。また、タイムパラドックスという設定を活かしたストーリーかというと、それも活かし切れていないという感じでしょうか。タイムパラドックスものでは、アニメなら『うる星やつら2』という映画がメチャクチャ面白かったなあ。大人向けの映画では『猿の惑星』でしょうか。『いつかどこかで』は、名が扱いされている割にはちょっとチープでした。。
 ただ、男子高校生が、女子生徒の前で(言葉遣いや、胸のボタンをあけるなんて感じで)一生懸命背伸びして男ぶっている感じとかは、「ああ、高校生だな」という感じで、ちょっと好感が持てるというか、懐かしい感じがしました。でもああいうのって、若いからいいんであって、オッサンになってそういう振る舞いをすると「うぜえ奴だな」としかならないんですよね(^^;)。。

 まあそんな感じで、僕にはちょっと合わない映画でしたが、きっと中高生ぐらいの試聴を想定した軽めの青春映画だと思うので、そういう年齢の人が見たら違う感想になるのでしょうね。オッサンが見る映画じゃなかった。。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

原田さんの名誉のために・・・?
原団さんはその後歌はかなり上手くなられました。
最近もニューアルバム出されてます。(まだ聴いてないですが・・・)

私はベストの他に、Music & Meというアルバムも聴いたのですが、
その中で大貫妙子さんの「色彩都市」という曲をカバーされていて、
これがとても好きです(大貫妙子さんのオリジナルも好きですが)。

(「時をかける少女」の映画は実写もアニメも見てません)

Re: こんばんは

宮国さま、書き込み有難うございます。どうも、ご無沙汰しています。あついですね~。

> 原団さんはその後歌はかなり上手くなられました。

おお、そうなのですか!ただいま、youTubeで探してみたら、『恋愛小説』というアルバムのリリースパーティーで歌を歌っている動画を発見しました。おお、すごくいい感じですね~!!たいへん失礼しました。

暑くなりましたね~

大変な季節になりました・・・
台風が復活したので心配です。

今日はうちの朝顔が初めて花をつけました。

原団さんっていったい誰でしょうね?(汗)

Re: 暑くなりましたね~

原団さん、あえてスルーしてました(^^)。うちのPCで打ち込むと原段さんになります。

原田さん、ちょっとハマりそうです。カバーでなく、オリジナルを歌っている最近のCDがないものかどうか、さがしてみようと思っています。

私もそんなにたくさん聴いているわけではないのですが・・・

私が知っている範囲では・・・

My Pieces(2002年):地味だけどいい雰囲気です。
music & me(2007年):カバーとオリジナルが混ざってます。過去の曲のセルフカバーあり。評判いいみたいです。私も好きです。

eyja(2009年)も評判いいです。私もそのうち聴いてみたいです。

私も原田さんは歌が下手な人だと思っていたのですが・・・1999年に「恋をしようよ」をテレビで見て、以前と全然違う雰囲気に驚いてしまいました。「ロマンス」という曲もなかなかいいです。

Re: 私もそんなにたくさん聴いているわけではないのですが・・・

宮国さま、書き込み有難うございます。昨日、レンタルで原田さんのCD3枚借りてきました!

『a day of my life』、『My Pieces』、『music & me』です。最後のアルバムがいちばん僕の趣味かも知れません(^^)。このアルバムでは、ボッサ調の「シンシア」という曲が、原田さんの歌唱に合った曲調だと思いました。気持ちいいなあ(^^)。そうそう、歌唱法は、アルバム毎で違いますね。これは、ヴォーカルの先生が変わっているのかな?

ご紹介、ありがとうございました!!原田さん主演の「時をかける少女」、テレビでやらないかなあ。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド