心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Janis Joplin / I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama!』

JanisJoplin_KozmicBlues.jpg ライブのジャニスならひとつ前に紹介した『チープ・スリル』が最高傑作と思いますが、一番好きなジャニスのスタジオアルバムはこれ。ロックバンドから抜け、ソロ活動を始めたジャニスの1枚目です。選曲、曲のアレンジ、そして歌が素晴らしい!僕的にいうと、ジャニスさんが歌というものに真正面から取り組んだ唯一のアルバムと思っています。

 ライブバンドで鍛え上げてきたヴォーカリストで、ライブでの絶叫パフォーマンスがアイデンティティのひとつなんじゃないかという人が、ライブバンドから脱退し、しかもスタジオ録音で大丈夫なのか。ところが、このアルバムのディレクションが素晴らしかった。スタジオで丁寧に作っているので、勢いは失われちゃってるし、バンドもカラオケ的というか、ヴォーカルとの一体感が薄い。でもそのかわりに、ヴォーカリストにちゃんと歌を歌わせているというのが素晴らしい。すぐに熱くなって絶叫とか、そういう事をさせないのです。押すところは押し、引くところは引き、優しく歌う所はやさしく歌う。ジャニス・ジョプリンが大道芸的なパフォーマンスとか、あるいは勢い任せのノリ一発だけのヴォーカリストに終わらなかったのは、このアルバムがあったからなんじゃないかと。"Little Girl Blue" なんて、本当に素朴なギターの音から始まり、告白するようにそっと声を出していき、徐々にストリングスが重なっていって、最後のサビに来た時の切なく振り絞るようにジャニスが歌う所まで来ると、いつも聴いていて涙が出ちゃいます(・_・、)。素晴らしいアレンジとヴォーカルだと思います。この曲だけでなく、ジャニスがきちんと歌に向かい合わないと歌う事の出来ない曲が何曲か入っていて、これにジャニスがきちんと取り組んでいます。いや~、これはソウルアルバムに近いというか、大人の観賞にたえる作品なんじゃないかと。ジャニス名義ののアルバムでは《PEARL》が有名ですが、個人的にはソロになったあとのジャニスの一押しアルバムはこれです!!これ、ジャニスが好きという人でも聴いていない人が結構いると思うんですが、絶対聴くべし。ジャニスが苦手という人も、ソウルを理解できるならこれは絶対に行ける筈(^^)。超おススメです。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
これは激ヤバ 
引き込まれつつも、その後のジャニスを知ってるから聴けば聴くほど切なくなってくる
激ヤバです
私は心して聴きます
Re: これは激ヤバ 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます。

いや~、地味な扱いを受けているアルバムですが、本当に素晴らしい作品だと思います。ジャニスがパフォーマンスだけじゃなくって、本当に歌というものに達した瞬間というか。恥ずかしながら、"litle girl blue"の最後サビの"wow uuu..."のところで、私は感極まって泣いてしまいました(゚∀゚*)エヘヘ。この時期にジョニー・ウインターがゲスト参加したライブがあるんですが、これも素晴らしくて、このアルバムに感動出来たらそちらもおすすめです(^^)。。いつか書こうと思ってますが、来年かな…。



10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS