心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Soft Machine / THIRD』

SoftMachine_Third.jpg ああ、もう大好きすぎて書ききれないぐらいのアルバムです(^^)。「プログレッシヴ・ロック」というジャンルに入れられて語られることが多いバンドですが、このサードアルバムとなると、歌自体が極端に減って(2枚組なんですが、レコード1はまったく歌なし^^;)演奏もアドリブバリバリ、ここまで来るとジャズロックといった方がいいんじないかいかというぐらいにグイグイ攻めてきます!僕はフュージョンという音楽はどうも肌に合わないんですが、このアルバムはフュージョンにありがちないい子ちゃんな感じがなくって、歪みまくったオルガン炸裂、硬派ジャズばりのサックス炸裂、語法はジャズですが感触はものすごくロックなのです!!うひょ~、かっこよすぎる!!
 アルバム2枚組、各面に1曲で全4曲。もうこれだけでいい音楽が聴けそう(^^)。そして予想を裏切らず、1曲目"FACELIFT" からいきなり全開、かっこよすぎます!!不穏なドローンの上をオルガンが這いずり回ったかと思うと、これでもかとばかりに歪ませた音で不協和な音程のフレーズのインプロヴィゼーションで攻めまくり、5分以上かけてどんどん不協和の音が増していったところで…いきなりインテンポ、オルガンがリフを刻み、ブラスセクションが被さり、ドッカ~ンと大音量でかっこよすぎるテーマメロディー!!これですよこれ、いつか取り上げたアシュラやキング・クリムゾンにも言える事ですが、プログレッシヴ・ロックのどこに魅かれるって、ロックのごり押し音の強さ、ジャズの演奏能力、クラシック並みの楽曲構成、これらの並存にあると思っちゃいます。だから僕は、クリムゾンやアシュラやソフトマシーンやフロイドは大好き(すべての条件を満たしてる)、イエスやキャメルはイマイチ(条件の何かが欠けてる)だったりします(^^)。

 編成としては、オルガン・トリオにブラスセクションが加わった感じ。で、ベースのヒュー・ホッパーという人が、リフを基調にしたエレクトリック・ベースを演奏するから、これがジャズみたいに総崩れの即興にならずにロック的なフォルムを音楽に残しているというのがポイントかも。このベースのリフがどの曲も異常にカッコいいんですよ(^^)。。
 クリムゾンもそうですが、この時代のイギリスのプログレって、イギリスのジャズマンや即興系のミュージシャンがけっこう参加してるんですよね。クリムゾンならキース・ティペットジェミー・ミューアがそうだし、ソフトマシーンならこのアルバムから参加したエルトン・ディーン(このサクソフォニストが超重要人物!!)やニック・エヴァンスがそう。これが、ちょっとジャズを勉強したとかそういうレベルじゃなくって、ある部分では本国のジャズよりも凄い事をやっちゃうからすごい。。司令塔がアイデアあふれる人で、プレイヤーが芸術肌の人というバンドは、理想的な状態なのかもしれません。ロック史に名を残す大名盤のひとつ、ロックファンに限らず、ジャズファンでもクラシックファンでも未聴の方はすぐに聴きましょう!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments
Soft Machine、懐かしい 
ロックからどんどんインスト系に入った自分として、大いに興味を持ったグループでした。
実は、1st,2ndはいまだに聞いたことがなく、3rd以降しか認識してませんでした。

月並みですが「Bundles」が一番好きなアルバム。
やはり、カールジェンキンスの方向性が自分には一番フィットしているようで、
それ以前のフリージャズ的アプローチは今一ピンとこなくて、、、、すいません。
これを機会に、3rd聞いてみようかな

Soft Machineは、好きな時期によって音楽性イメージが大きく異なるかも知れませんね。
Re: Soft Machine、懐かしい 
AKIさん、書き込みありがとうございます!

いや~、僕もロックからどんどんインスト系にハマっていったクチです(^^)。
1~2枚目は、インスト好きの人にはちょっとキツいかも。僕の周りでは絶賛する人も多いんですが、僕自身は惜しいという感じでした。

僕は逆に、カールジェンキンス以降が駄目なんですよ(ゴメンナサイ)。でも、これまた僕の周りに「6以降が最高」という人がいまして、聴きなおしてみようと思っているのですが、6以降は所有しているのがテープなんですよね。そして、カセットデッキが壊れているという(泣)。。

3~5は、たぶんちゃんと聴くと、全然フリーじゃないですよ。超オーソドックスなジャズロックです。フュージョン寄りが好きな方でも、今聴くと楽しめるんじゃないかという気がします。3は大音量で聴きたい1枚です!!

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS