心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Soft Machine / Volume Two』

SoftMachineTwo.jpg 英プログレッシヴ・ロックの名バンド、ソフトマシーンのセカンドアルバムです。1969年発表…って、60年代でこれを作ったのか!いや~、ビートルズから7年もたたない間にキング・クリムゾンやソフト・マシーンが誕生したと思うとすごいですね(^^)。

 さて、ソフトマシーンの場合は、プログレといっても、その初期はかなりサイケデリックな感じ。ピンクフロイドもそうでした。このごった煮感といったら、ビートルズとかのマージービートがちょっとひねくれた感じ(ちょっとアヴァンポップっぽい)、サイケ、朗読、イギリス民謡、そしてジャズ要素がかなり入ってる感じ。このバンドのデビュー作と比べると、中でもジャズ色が強くなったところが際立つかんじでしょうか。ジャズドラムとオルガン/電子ピアノ系のインプロヴィゼーションがカッコいい!でも、ファーストとセカンドはまあ大体同じ方向性という感じです。曲がメドレー調にどんどんつながっていきます。
 僕が昔このCDを買った時の最初の感想は、訳が分からない。曲が切れないでどんどん変わっていくうえに、思いっきりジャズ・インストの曲がいきなり来たと思ったら、いきなり1曲目の続きに戻ったり、たしかに練られている感じですが、いかんせんヴォーカルはオカマみたいな声の上にかなり音を外す(これさえなければ、僕は相当にこのアルバムを好きになってたかも)。やりたい事はいっぱいあるけど、それを整理し切れていない音楽…というふうに感じてしまったんだと思います。これはバンドメンバーの構成にも原因があって、デヴィッド・アレン(g, vo)とケヴィン・エアーズ(b, vo)がかなり文学志向というか、ウィリアム・バロウズと親交があったというぐらいの人なので、音楽以上に文学傾向が強いのかも(それがいい加減なヴォーカルに繋がってる?)。一方のマイク・ラトリッジ(kbd)とロバート・ワイアット(dr, vo)はバリバリのジャズ。このふたつの傾向が融合し切れないんですが、それが「まとまりがない」と「違うものが同居していて面白い」という同じもののふたつの見え方になっている。これがなかなかクセモノで、聴くたびにそれが「良い」と思えたり「悪い」と思えたりしちゃうのです。しかも、僕が若い頃に買ったのはvolume one とのカップリングCDで、oneの方なんか輪をかけてまとまりがないものだから、two に行きつくまでに飽きちゃってたというのも原因のひとつだったかも。
 それでも、まじめに聴くとかなり面白いアルバムで、ポストプロの編集作業も含め、めっちゃくちゃ考えまくられて作られたアルバム、ハマる人はめっちゃハマるんじゃないかと思います(^^)。実際、僕の周りには「ジャズ路線よりデビュー当時の方が好き」という人が何人かいます。しかしアヴァン・ポップなソフトマシーンはこのセカンドまで。次作『サード』からは、ポップ要素が完全に後退し、ラトリッジとワイアットを中心としたブリッティッシュ・ジャズそのものみたいなバンドに変貌します。そのサード以降がものすごいんですが、それはまた次回に!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS