心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Soft Machine / 4』

SoftMachine4.jpg ソフトマシーン4作目、ここに至ってポップス要素は完全になくなってしまいました(^^)。完全インスト、しかしこれがカッコいい!カッコよすぎる!いや~、よくぞジャズ/フュージョン路線に走ってくれたものと感謝します。。

 まず、何が素晴らしいかというと、曲とそのアレンジ。基本的にアドリブプレイを重視したジャズ的な音楽なので、主として和声進行、主題となるメロディと反復される音型、そして楽曲の展開、そしてアンサンブルはブラス隊が受け持つ…まあこんな感じで音楽が出来てるんですが、そのバランスが死ぬほどいいです!!もうなんといってよいやら分かりませんが、カッコいい。ジャズとの違いは、ジャズ的なオルタードラインを使わない事で、これがロック的な直進的な印象を与えている気がします。僕としては、これが音楽的な強さになっている気がします。また、雰囲気系フュージョンとの違いは、ロック的なリフが曲を構成する大事な要素として使われていること。これも、アドリブになったらあとはどの曲も似てきてしまうというフュージョン的なジレンマからうまく逃げることが出来ている重要なポイントになっている気がします。やっぱり、爆走するソロアドリブとアレンジのかみ合わせが絶妙なんでしょうね(^^)。
 もうひとつ素晴らしい所は、ベタですが、電子オルガンのサウンドが気持ちいい!これってけっこうソフトマシーンの音楽のカラーを決めている気がするんです。これがあるからジャズにならないし、かろうじてロックに踏みとどまっているという気もします。

 というわけでべた褒め状態なわけですが、しかし100点ではない感じ。どの辺がマイナスかというと…まず、プレイがちょっとバタバタしてこなれていない感じです。フロントマンとしてサックスをバリバリ吹いているエルトン・ディーン。この人のもっと凄い演奏を聴いたことがあるもので、「スタジオ録音で妙に丁寧だな」という感じ。バンドも加速し切れていない感じです。とはいっても、十分カッコいいんですけどね。このバンドのライブを知っていると、「ああ、もう少しライブの疾走感があれば…」という感じてしまった。次に、録音の音の魅力がない(T_T)。これは本当に残念で、キースティペットのムージシャンの"BIRDMAN"とか、この後の5枚目ぐらい良い音に録音できてたら、大名盤になっていた可能性も。あとは、フリージャズ的なプレイをや曲があるんですが、これが死ぬほどつまらない。フリーって、フリーの上手い人がやらないと、本当にただグチャグチャなだけになっちゃうんですね。あ、そうそう、この4thはよく「フリージャズ路線」なんて紹介されてますが、そんなのは3曲目のほんの数分間ぐらいのもので、残りのすべては律儀すぎるぐらいにものすごくきっちりしているジャズ・フュージョンです。評論家やレコード会社のディレクターは本当にいい加減なことを平然と書くから、信じちゃダメです。

 というわけで、すごくいいアルバム、大好きではあるんですが、音さえもうちょっと色気あるものだったら…。ジャズ路線のソフトマシーンに手を出すなら、サードと5thを先に聴いて、それが気に入ったら次はこれ、という感じでしょうか。あ、そうそうこの時期のソフトマシーンはブートで出ているライブCDですごすぎる演奏を聴くことが出来まして、そのあたりもいつか書いてみたいと思います(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS