FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『武満徹:ピアノ作品集 藤井一興 (piano)』

TakemitsuToru_PianoSakuhinshuu.jpg 今でこそ武満徹さんは、日本の現代音楽の代表的作曲家と思われているように思うのですが、実際はかなり異端から始まった人で、音大を首席卒業して数々の受賞歴を重ね…とかいう人では全くないです。それどころか「音楽家になるのに学校なんて関係ないだろう」といって、芸大受験を途中で放り出して映画を見に行ったパンクだそうで。アカデミックど真ん中の人ではなく、在野の音楽家として活動を始めたというわけです。カッコいいなあ。

 でもそんなことしたら、日本のクラシック業界みたいな封建的な世界で苦労するだろう事は見え見えです。専門家の集団にありがちな、世間の狭い人たちの大集団ですから。作品を発表するにしても、コンサートも自分でセッティングしなくてはならないし、コンサートをしたとしても、肩書のない作曲家のところに評論家が足を運んでくれるとも思えません。また、足を運んでくれたとしても、クリエイティブな音楽を発表しても…いや、クリエイティブであるほどに、酷評されてしまいそうです。思うんですが、音楽が好きでたまらない評論家ほど、自論にかたくななんですよね。「音楽というのはこういうものだ!」みたいな思い入れが強すぎて、その範囲に無いものが来ると、その作品の意図や理解をしようとする前に「ダメ」という結論が来ちゃうんだと思います。一生懸命勉強してきて、またそれが正しいと思い込んでいるばかりに、そうでないものが来ると「これはインチキだ」みたいな。

 案の定、武満さんが作曲家デビューをした「2つのレント」というピアノ曲は、評論家に「作曲以前」と酷評されたそうです。ところが、この「2つのレント」という曲、恐ろしく素晴らしい響きを持つ曲なんです。最初に聴いた時、私は鳥肌が立ちました。あの武満サウンドの感触が強烈。評論家さんが批判した理由もわからなくはないですが、しかしどうなんでしょうかね。仮に悪い部分があるとしても、そんなのは何を基準に考えるかという事であって、これだけのものの良い部分を全く指摘できないというのは…。自分の基準の方が間違っている可能性というものを考えないんですかね。

 そして、このCDです。武満さんのピアノ作品の有名曲はもちろん、「2つのレント」も収録されています。藤井一興さんというピアニストの演奏なんですが、ピアノや録音の状態を含め、研ぎ澄まされたサウンドなのです。いま、クラシック界というのは、有名なピアニストが有名な作曲家の作品を演奏して、リサイタルが終わったらまた次の…みたいなローテーションになってます。すべてがそうとは言いませんが、その作品が狙ったものが何かとか、その作品を演奏すると何が変わるかとか、そういうところまで突き詰める前にコンサートが行われて、終わるとまた次、みたいなものもあるのは事実。ところが、このCDは…魂を込めた演奏というか、よくぞここまでという演奏でした。なんという素晴らしさ。

 武満さんは世界的にも大有名になった作曲家なので、ピアノ作品のCDはたくさん出ています。しかし、私の場合、最後に戻ってくるのはこれなんですよね。クラシックのピアノやギターって、音が消えて行くその過程が恐ろしく美しく響く楽器だと思っています。ところが、たった1音だというのに、その音は、演奏によってぜんぜん違ったものになります。ギターはまだわかるのですが、ピアノなんて、えらくメカニカルな楽器なのに、不思議です。音大にいた頃、受賞歴がけっこうある、同級生の自信タップリな女流ピアニストの演奏を聴かされたことがあるんですが…何がダメって、音が汚いんですよ。よくぞここまで無神経でいられるなというぐらい。その後に、正直のところリサイタリストとしては無名に近い先生が、同じ曲を弾いたんですが、音が全然違う。すごく綺麗なんです。なんか、指がどれぐらい動くかとか、そういう問題ではないんですよね。この時、音楽家というのは、アスリートではなくて、表現者であるべきだと思いました。このCDで聴く事の出来るような細部に至るまで神経の行き届いたような完全な響きというのは、ジャズやポピュラーの人にはまず出せないんですよ。逆に言うと、クラシックの人に、タンゴやジャズの人のような「ズドンッ」って感じの音は出せないんですよね。同じ1音なのに、不思議です。これは、クラシック特有の、研ぎ澄まされた音の体験ができる、本当に素晴らしい演奏だと思います。このCDに出会えて、素晴らしい良い音楽体験をさせてもらったな、と、当時は思ったものでした。やっぱり、武満さんの音楽にとって、サウンドはとても大事な要素だと思います。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS