心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『喜多直毅 / Winter in a Vision』

KitaNaoki_Winter.jpg 年末が近づいてきたので、今年買ったCDの紹介をいくつか。これはあまりの素晴らしさにぶっ飛んだ1枚。実は、数か月前にタンゴのCDをいくつか紹介した時には既に聴いていて、しかもこのCDを紹介したいものだからタンゴのCDをたくさん取り上げたというのに、あまりにすごすぎて言葉にならず、記事に出来なかったのです(^^;ゞイヤァ。

 タンゴ系のヴァイオリニスト喜多直毅さんのカルテットによる、ライブ盤です。本国タンゴを凌駕するほどのものすごさ。とはいえ、タンゴはあくまでベースにあるだけという感じで、僕の想像力ではまったく思いつきすらできないような音、よくぞこんな音楽を作り上げてくれました。大名作ではないでしょうか!2014年発表。

 喜多さんは音大卒のヴァイオリニストで(プロのヴァイオリニストは大体そうか^^;)、技術は申し分なし。しかし音大卒でクラシック以外の活動をしているヴァイオリニストって、アーティストタイプでない人がけっこう目にとまるというか、「ただの演奏屋でアーティストではない」みたいな人も結構いますよね。売れた人の中ではジャズヴァイオリンの寺○○子さんとか、ライトクラシックのグループにいた中○○博さんとか。結局、ある程度色々できるけど、「音楽とはこれだ!!」みたいなものがないんでしょうね。音楽が強くない。僕の音大時代の同級生も、そういう人は少なくなかったです。しかし喜多さんはそういう人たちとは一線を画す、紛う事なきアーティスト(たぶん^^;)。よくぞこれほどの力作を作り上げたものだと思います!しかもこれ、ライブ音源みたい、すげえええええ。。
 編成はヴィオリン、バンドネオン、ピアノ、コントラバスのカルテット。曲は、タンゴのリズムや技法を援用したオリジナル。曲を切ることなく流れるように演奏していきます。即興もかなり入っていると思うんですが、バンドのまとまりが凄くて、ある程度の決められたモチーフの中で自在に音楽を躍動させます。いや~、喜多さんだけじゃなくって、メンバー全員凄い!!ヴァイオリンの強烈なポルタメントから、タンゴ的な強い4拍子に一気になだれ込んで、全員が一斉にアンサンブルする瞬間には鳥肌が立っちゃいました。モダンタンゴどころか、その先を行ったような音楽と言えるんじゃないかと。いや~、即興色の強い音楽でバンドがこれだけまとまっている日本のグループは久々。唯一残念なのは、録音がイマイチ。さすがにオーディエンスマイクではないと思いますが、ステレオマイクだけで収録したんじゃないかと。だから、ピアノやバンドネオンが凄い事やってそうな所がよく聞こえない(;_;)。。とはいえ、こんなのは1000点満点の音楽の前では大した問題ではないですね。こんなにすごい音楽に出会えるとは、生きていてよかった。超おススメ、僕は一生手放さないと思います!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS