『近藤秀秋 / ASYL』

KondoHideakiAsyl.jpg 喜多直毅カルテットの"WINTER IN A VISION" に並んで、今年買った1枚の中でぶっ飛んだ作品をもうひとつ。前の喜多直毅さんの記事で、「即興色の強い音楽でバンドがこれだけまとまっている日本のグループは久々」なんて書きましたが、その時に思い描いていたグループとはEXIAS-J(しかしいまだに読み方が分かりません^^;)。そして、そのEXIAS-J でギターを演奏している近藤秀秋さんの作品。今年(2015年)発表。アコースティック・ギターのアルバムです。

 EXIAS-J のアヴァンギャルドなサウンドの印象があまりに強くって、この人はそういう人かと思ってました。良くも悪くも高柳系というかPSF系というか。しかし最近の僕はそういうのを卒業しかけちゃったんですが、CDジャーナルの「オリジナル以外にピアソラやマイルスやベルクも演奏しているが、すべての曲が近藤の曲のように感じられる」というレビューにやられた(^^)。ある曲の演奏を聴いて、曲じゃなくてプレイヤーの個性に耳が行くというのは相当なんじゃないかと思ったわけです。だって、グールドやキース・ジャレットの演奏ですら、それを聴いて「これはまるでプレイヤー自身の曲のようだ」なんてなかなか思わないじゃないですか。しかも、ベルクのアルテンベルク歌曲集をギターで演奏するって、すごくないかい?そして…
 いや~、聴いていて怖くなるほどゾクゾク来てしまいました、今年は日本人アーティストの作品の当たり年です(^^)。クラシックからジャズからいろんなモダンを取り込んで完成させたような独創性が凄い!喜多さんの音楽を「タンゴのはるか先を行ってる」と書きましたが、この人はクラシックやジャズを吸収したうえでその先を行っている感じ。ギターの6本(10弦ギターも演奏しているみたいです)の弦がものすごいアンサンブルをしていて、近藤和声とでも呼びたくなるような音の重ね方から生まれる複雑なサウンドが強烈。アヴァンギャルドなんて呼ぶのが失礼なぐらいの完成度のギター音楽です。うまいというより(いや、もちろんうまいんですけど)、独自のギターシステムを完成させちゃっているんじゃないかという凄さなんですよね。というわけで、アルバムを通して魅了されまくりましたが、腐っても音大を卒業させて貰った僕が特筆したいのは、やっぱりアルバム後半でカルテット演奏されたベルクのアルテンベルク歌曲集。サウンドを含め独特の音楽になっていて、クライマックスからいきなり主題に戻る瞬間の戦慄感は原曲を上回るほどの凄さ!!!いや~、アレンジもアンサンブルもプレイヤー個々人の演奏も含め、硬派の現代音楽をこれほど見事に料理できるバンドなんて、世界でも聴いたことがないです。

 難点をあげるとすれば、複雑な和声にいれ込み過ぎているというか、もっと単純でいいからグイグイ疾走してくれる部分がもう少しほしかった。ディープすぎて聴いていて神経がすり減ってしまうというか…いや、これほどの芸術作品に注文を付けるなんて失礼ですね。現代音楽やフリージャズが好きな人ならマストアイテム、月並みな音楽に飽き飽きしている人に大推薦の独創性を持つアルバムでした(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド