心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『Marvin Gaye / What's goin' on』

MarvinGaye_Whats.jpg 最初にこのアルバムを聴いたときの、すがすがしいような、もの悲しいような、早朝の風にあたっているような気持ちよさのような、なんともいえない感激はずっと忘れられません。まだ音楽の勉強すら始めていない頃で、しかも子供だったもので英語の歌詞の意味もなんにも分かっていませんでしたが、震えました。ニューソウルの大名盤、マーヴィン・ゲイの最高傑作、モータウンを代表するレコードの1枚…このアルバムを生涯の1枚に上げる人も少なくないのではないでしょうか。

 1曲目「ホワッツ・ゴーイン・オン」は大名曲。ソウル・ミュージックをオーティス・レディングやベン・E・キングやアレサ・フランクリンみたいな音楽だけだとばかり思っていた僕はこれにびっくり。熱すぎず、しかし情感のこもった歌、ベースとパーカッションの作り出す独特の軽いグルーヴ、そして極めつけはストリングスの気持ち良さ。そして、この「ホワッツ・ゴーイン・オン」のアレンジの方向性でアルバムのすべての曲が統一されます。A面2曲目からはメドレー状態で一気に行きますが、これが徐々に登り詰め、心がグッとくるような絶妙な和声進行、転調…じつはこの2曲目以降の圧倒的な流れが"What's goin' on" 以上の素晴らしさ、感動してしまいました。

 さてこのアルバム、この爽やかで気持ちの良い音楽と歌詞の内容がちょっと違うんですよね。歌詞は、戦争の悲惨さを嘆き、排ガスに汚れる空を訴えます。若い頃、この詩の世界にもまた感じ入ってしまいましたが、しかし僕にとってはやっぱり最初に聴いたときのあの音だけから受けた情感の素晴らしさ、どうしてもそっちが勝ってしまいます。このあと、僕はかなりたくさんマーヴィンさんのレコードを聴き漁りましたが、とうとうこのアルバムを超える作品に出会うことはありませんでした。ほとんど、この一枚だけが奇跡というか、特別なんですよね。音楽好きでこのアルバムを聴いていない人なんていないと思いますが、未聴の方は是非!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments
 
古いものを聞かないと駄目だ、なんていうこと言うつもりありませんが、
ボーカルを習ってます、という人が
『Donny Hathaway / LIVE』や
『Marvin Gaye / What's goin' on』
を聞いたことないというのは、大いにがっかりしますね。
(むしろ不思議なくらい。)

好みの音楽ジャンルにかかわらず、永遠の名盤ですね。
 
このアルバムのジェームス・ジェマーソンの弾くベースラインが最高に素晴らしいのですよ。
ジェームス・ジェマーソン! 
わんわんわん様、書き込みありがとうございます。

まったくの同意です!むかしアルバイトしていた所の店長さんが昔プロベーシストだった人で、その人が「このCDは絶対に聴け!」とおススメしてくれたのでした。あと、ラリー・グラハム。僕がこのCDで一番印象に残っているのは、"What's going on" のファーストコーラスの出だしのベースの音かも知れません。凄いプレイとかそういう所じゃなくって、あのサウンドがこのアルバムの印象の大半なのかも。カッコいい!!


若い人にも… 
AKIさん、書き込みありがとうございます!

自分の経験をたどってみますと、僕も最初はブラック系は聴いていませんでした。フュージョン時代やディスコ時代がリアルタイムでない世代だったもので、好き嫌い以前に、きかっけがなかったんです。僕の世代では、ブラックに辿りつく人は少数。当時の音楽雑誌もロックは取りあげるんですが、ブラックが取り上げられる機会は少なかった記憶があります。そんな僕でも、ダニー・ハサウェイさんやマーヴィン・ゲイさんの超名盤にたどり着いたときには大感動!僕だけでなく、当時は若かった僕の周りの友人も先輩も、ロック好きもジャズ好きも、「ああ、これ、めっちゃくちゃいいね!」な~んてなってました。

 きっと今の若い人も、僕の若い頃と同じように、聴いたら「ああ、これカッコいい!」ってなると思うんですよね。ただ、きっかけがないだけなのかも。この2枚は、有名すぎるぐらいの大名盤ですが、自分が感動した音楽を少しでもいろんな人に伝えられたらいいなあ…な~んて思ってます。でも、若い人はこんな渋すぎるブログなんて読まないか(笑)。



> 古いものを聞かないと駄目だ、なんていうこと言うつもりありませんが、
> ボーカルを習ってます、という人が
> 『Donny Hathaway / LIVE』や
> 『Marvin Gaye / What's goin' on』
> を聞いたことないというのは、大いにがっかりしますね。
> (むしろ不思議なくらい。)
>
> 好みの音楽ジャンルにかかわらず、永遠の名盤ですね。

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS