『ウルトラセブン 総音楽集』

UltrasevenBGM.jpg 民族音楽を含めた色んな音楽を先に聴いてしまった私にとって、モーツアルトやベートーベンなどのクラシックの3和音は、音として退屈すぎる代物でした。だから、武満徹さんみたいな、独特の響きを持つようなクラシックに出会うまでは、クラシックが好きでなかったんだと思います。もちろん、子供にクラシックの複雑な構造を理解する事は到底不可能だったというのも大きな理由だったと思うのですが、それ以前に、音がつまらないから聴き始めようという気になれない。。音楽一家に育ったわけでもなかったので、切っ掛けもありませんでした。しかし、武満さんを知るはるか以前の幼少時、クラシック・オーケストラが非常に不思議な音を奏でるという音体験はしていたのでした。同時に、機能和声を用いたクラシックの良さも、少しは感じていました。その原体験が、テレビ番組「ウルトラセブン」のBGMです。作曲は冬木透という人で、この方はたしか音大で作曲を教えていたかと思います。

 劇音楽というのは、音楽が音楽作品の完成を目的にしてなくて、ドラマのシーンに合わせて何かの効果を狙って作るという点が、実は逆説的に音楽の根源的なところを突く事になる事があると思うのです。例えば、音それそのもので恐怖を感じさせるとか。ウルトラセブンの音楽には、これを強く感じていたのです。ドラマ自体が、侵略者が影のように人の生活の中に入ってくる、みたいなものが多かったので、認知不安をあおるようなシーンが多かったのですが、そこで流れる音楽は、子供が不安を覚えるには十分なものでした。また、宇宙空間で流れるBGMなどは、もう完全にいわゆる音楽ではなくって、無機質で、どこにも行きつく事のないサウンドだったり。
 また、クラシックの伝統的作曲技法の曲でも、感動させられたものがありました。ウルトラセブンの最終回といえば、シューマンのピアノ協奏曲ですが、これではない管弦楽の曲が、えらく劇的な音楽で、感動してしまったのです。
 クラシックや今のポピュラー音楽は、そのほとんどが機能和声という手法で書かれています。この手法の長所は、それぞれの和声が全体の中で機能するという点で、和声の移り変わるその瞬間のよじれる感じ、ここが肝なんじゃないかと思っています。感覚的には、泣く前の胸のむずがゆいような感じになるのです。でも、クラシックもポピュラーも、ここでグッと来させることが出来る曲ばかりではありません。むしろ、グッと来ない曲が大半です。オーソドックスなクラシックが好きになれるかどうかは、クラシックはつまらないと感じる前に、こうした和声のよじれる瞬間のある曲に出会えるかどうかにかかっている気がします(偏見ですね^^;)。ウルトラセブンでは、1年近く続いたドラマの最後の最後に、このよじれるような、泣きたくなるような機能和声のずれる瞬間が来るのです。それもオーケストラで。

 というわけで、私のクラシック原体験は、ウルトラセブンなんじゃないかと思っています。ここには、社会化されたクラシックが見失ってしまった音楽の根源にあるものと、機能和声の机上にあるクラシック音楽のエッセンシャルな部分の両方が詰まっていると思います。では、作曲家の冬木さんという人が、こういうバランスに優れた人かというと…そうでもない気がします。この後のウルトラマンのシリーズでも音楽を書いているんですが、どんどん突っ張ったところがなくなるというか、オーダーに応じた仕事をするという感じで、どうすれば良いBGMが書けるかとか、そういう視点はどんどん失われていった気がします。ウルトラセブンは、この辺りのバランスが取れた作曲家のピークだったのかもしれません。
 私が子供の頃に買ったのは『冬木透の世界 ウルトラセブン』みたいなタイトルのLP。これが、うまくまとめられた、すごくいいLPでした。それが親に捨てられ(;;)、大人になってから買い直したのが『ウルトラセブン 総音楽集』。これ、今は廃盤みたいです。音楽が3倍ぐらい入ってるんですが、同じもののミックス違いとか編集違いがやたら出てくるので、ちょっと聞きにくいです。で、今手に入るのは『ウルトラセブン ミュージックファイル』というものみたいです。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド