『スーパーマン オリジナル・サウンドトラック』

superman_soundtrack.jpg もうひとつ、機能和声的なクラシック・オーケストラの映画音楽で、子供の頃に好きだったものが、映画「スーパーマン」のBGMです。この中にある、ヒロインとスーパーマンがニューヨークの空を夜間飛行するシーンで流れる「スーパーマン愛のテーマ」という曲。あまりにいい曲すぎて、小学生の私はおこずかいを貯めてレコード屋に走ったのでした。「スーパーマンのレコード買ってくる」といってドーナツ盤を買ってきて、聴くのがB面ばかりだから、親も兄弟も怪訝な顔をして私を見ていました。…ああ、個人的な事ばかり書いてしまった。。ええと、「スーパーマン愛のテーマ」、美しくて、素晴らしい音楽です!!私の中では、「風と共に去りぬ」とか「エデンの東」なみに良い映画音楽だと思っています。

 ところで、肝心のスーパーマンのメインテーマって、スターウォーズとそっくりだと思いませんか(笑)。メロディも楽曲様式も和声進行も、いくらなんでも何から何まで似すぎだと思います。こういう効率優先の仕事の仕方って、アメリカの産業構造のあらわれなんでしょうか。そんなわけで、作曲家のジョン・ウイリアムズという人、あんまり好きではありません。あまりに職業音楽家過ぎるというか、クリエイティブなところは何もない。ただ、プロフェッショナルであることは確かで、アーティスティックなところは皆無だけど、きっちり仕事するという感じ。その最高傑作が、「スーパーマン愛のテーマ」ではないかと。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド