『コルボ指揮、ベルリン響 / フォーレ:レクイエム』

faure_requiem_corboz.jpg そんなわけで、フォーレのレクイエムをボーイスプラノでやったものを探して、たどり着いたのがこの録音。ミシェル・コルボ指揮、ベルリン交響楽団、サン=ピエール=オ=リアン・ド・ピュル聖歌隊。ボーイ・ソプラノはアラン・クレマン君です(^^)。ボーイソプラノの見せ場は第4曲「ピエ・イエズス」。ピッチがかなり怪しいですが(^^;)、やっぱりプロが朗々と歌うより、純真な子供が歌う方が断然いいなあ。。これは素晴らしい。後から知ったんですが、このレコードは、フォーレのレクイエムの録音の中でも長らく名盤として扱われていたものなんだそうで。異論ありません。テンポも他の演奏と比べてゆったり遅め、洗われるような気持ちになります。

 さて、この盤に関しては、僕は100点満点、大好きな録音なのでこれ以上いう事もないのですが、以下すこしだけ。フォーレのレクイエムは、レクイエムのために一気に書き上げられた曲ではなくて、いろんな時期に書かれた個々の作品を集大成するようにして完成しています。そんなわけで、たとえば第2曲「オッフェルトリウム」などは初演時には演奏されずに後から足されたものであるとか、まあ色々あるみたいです。とくに、全曲が揃ってからはスコアがふたつあって、最初のものは小編成の弦、オルガン、ハープなどの編成(1888年版)。これが、はじめて楽譜出版されることとなった1900年になると、ホルンなど主に金管が付け加えられて出版されます。これは、音楽出版社の要望もあったんじゃないかと言われてます。この録音は後者。素晴しい響きです。素晴しい響きなんですが、これを「フォーレが最初に意図した響きとは違う」といって却下する人も結構います。僕的には、最初の小編成版のシックな感じの素晴らしさを否定するわけではないのですが、どちらも素晴らしいのではないかと。だって、金管入りとなったこの響きの美しさ、尋常じゃないぞ。。

 あともうひとつ。音楽史的に言うと、ロマン派全盛の時代に、フォーレは教会旋法を見事に扱います。モードですね。このレクイエムではその成果が存分に発揮されていて、これがメシアンをはじめとした、のちのフランス音楽のモード系の作曲家群の大ルーツになってます。ドイツ的なドラマチックな音楽がヨーロッパを席巻していた時代に、こういう「響きの感触」そのもので訴える音楽がフランスから生まれたのは、音楽史上でも重要な出来事だと思います。あまり語られませんが、フォーレはサティ、ドビュッシー、ラヴェル、メシアンと続くフランス音楽の基盤を開いた人なんじゃないかと思います。なかでもレクイエムは極めつけ。

 というわけで、なぜ連続でレクイエムを取り上げたかというと…クリスマスだからです。楽しく過ごすクリスマスも素敵だけど、こういう音楽を聴きながら、心穏やかに過ごすクリスマスもいいんじゃないかと(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド