『Billie Holiday / Jazz at the Philharmonic.』

BillieHolidayPhilharmonic.jpg ふたつほど前の記事『サラ・ヴォーン / How long has this been going on?』のレビューで、「ピアノのオスカー・ピーターソンは歌の伴奏をしている時の方がスバラシイ」みたいなことを書きました。というわけで、ピーターソンさんの素晴らしい歌伴をもうひとつ。古き良きジャズ・ヴォーカルの代名詞、ビリー・ホリデイの最高傑作と名高いライブ盤です。日本では、むかしLPで『ビリー・ホリデイの魂』というタイトルで出てました。僕が持っているのはコレ。で、ここがちょっと問題になってくるので、ちょっとだけ覚えておいてください(^^)。

 まず、久々に聴いた感想は…感動してしまいました。"Body and Soul" に"Travelin' Light"、"The Man I Love"…ゆったりしていて、バンドもあくまで歌の伴奏に徹してとても音楽的、なによりムードがスバラシイ。なんでジャズは大道芸みたいな小手先ばかりで、しかし歌心ゼロみたいな方向に進んでしまったのか。やっぱり心を動かしてこそ大衆音楽、な~んて思ってしまいました。しかし、僕は若い頃、ビリー・ホリデイがあまり好きでなかったんです。どこが良いのか、よく分からなかったんですよね。今から思うに、彼女について回る伝説とか、それを引用して評価するいろんな批評家の言葉に惑わされず、このレイドバックした雰囲気の音楽そのものにドップリつかってれば、それだけで最高だったんじゃないかと。バックにレスター・ヤングやらコールマン・ホーキンスやら、この手のムーディーなオールドジャズの名手がズラッと。このレトロな雰囲気、最高です。いや~、若い頃に早まって売ってしまわずに良かった(^^)。

 さて、例のオスカー・ピーターソンの伴奏はB面に…というところで、ひとつ気づいてしまいました。このレコード、元々は10インチ盤(LPより少しインチが小さいレコードで、LPが出る前のジャズエイジはこちらが主流だった)だったようです。その頃は全8曲入りだったみたい。ところが、僕が持っている日本盤LP『ビリー・ホリデイの魂』は、A面にオリジナル盤収録の8曲を全部入れて、B面は日本のセレクトで別のライブから6曲を収録したものらしいです。いずれもヴァーブ専属の時代からの選曲の模様。ところが今CD化されているものは、オリジナルの8曲だけを収録で、このB面は入ってないようなのです。まあ、この方がオリジナルの意向そのままのわけですし、まとまりもいいかも。問題は…例のLP収録のB面のパフォーマンスがこれまた絶品なのです。"Everything I have is yours "や"My Man" のパフォーマンスは、胸に刺さってしまいました。どちらも1952年録音、つまりプレスリーよりも古い録音ですが、そんなに古い録音とは思えないほどの演奏と録音。で、この2曲でピアノを演奏しているのがオスカー・ピーターソンなんですが、やっぱり素晴らしい。B面では"Stormy Blues"という曲でのトランペットの演奏も絶品(トニー・スコットか、やっぱり名前を残した人の演奏は、それなりのものがありますね~)。ジャズがブルースや他の音楽と分化する前の音楽…というムードが漂ってます。これもレイドバックした感じで、気持ちよくって、でも少しブルーで、いいな~。で、この曲は他のアルバムで聴くのがちょっと難しいそうで(昔のLPに書いてある情報です)。

 まあそんな具合で、モダン以前、ビバップ誕生以前まで続いていた古いジャズの、あのレイドバックした雰囲気を、40~50年代まで残し続けた、素晴らしい音楽を記録した名盤と思います。特に「オリジナルと同じじゃないと」みたいなこだわりがないようでしたら、中古盤屋で日本編集のLP『ビリー・ホリデイの魂』を探すことをおすすめします(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド