『Bruce Springsteeen / Nebraska』

BruceSpringsteen_Nebraska.jpg で、心の底からシビれたブルース・スプリングティーンさんのアルバムが、これ「ネブラスカ」です!アルバムタイトルとジャケットからして、もうメッチャクチャにセンスがいい。で、内容はもっといい!!これ、スプリングスティーンを好きな友人が、『ボーン・イン・ザ・USA』発表時点で「スプリングスティーンのアルバムで唯一好きじゃないもの」と言ってました。いや~、ひとのセンスって十人十色ですね。僕はその逆。『USA』までなら、これが断トツのナンバーワン。とはいえ、当時はこのアルバムだけがスプリングスティーンさんのアルバムで毛色が違ったのは確かです。ほとんどフォークギターとハーモニカだけの演奏ですから。

 しかし、このフォークギターとハーモニカだけという演奏が、アルバムジャケットにあるようなアメリカの風景をブワッと脳裏に浮かべさせてくれちゃいました。あったかくて、しかしどこかもの悲しくって、素朴で…ジワッと心にしみちゃう。1曲目「ネブラスカ」からしてもうやばい。単純なスリーコード、ギターはアルペジオだけ、ハーモニカも非常にシンプルな演奏なのに、なんでこんなに素晴らしいと感じるんだろう。しいて言えば、コードをトニックじゃなくてドミナントから始めるんですよね。たったこれだけの工夫で、ここまで曲って変わるものなのかと。でも、このレイドバックした感覚の感動は、きっとそこじゃありません。声の表情、ギターの繊細なところ、まるで肉声みたいなハーモニカ…うまく言えないのですが、何かがある。不思議なことに、日本のフォークシンガーの人も同じような編成でやっているのに、「ああ、このサウンド素晴しいわ」とは(僕の場合は)なりません。同様に、アーロ・ガスリーとかボブ・ディランとかの、この手のフォークの専門家の演奏でも、この「アメリカの原風景がブワッと浮かんじゃって、あったかくて、でももの悲しくて…」みたいな郷愁を感じるような不思議な感覚に見舞われることは、僕にはありません。これと同じような感覚を感じたのは、ハンク・ウイリアムスさんぐらいでしょうか。そのぐらい良いです(^^)。

 詩(スプリングスティーンさんの場合、「詞」と書きたくないんですよね^^;)は、貧困とか社会問題とかを、詩的に、あるいは物語的に、とつとつと語っていきます。ただ、それが押しつけがましい感じじゃなくって、結論は言わずに、ただ物語としてだけ放り出される。アルバムを聴き終わった時には、短編小説集を1冊読み終わったような感覚に見舞われました。もし英語が苦手な方は、日本盤の訳を読みながら聴かれることをおススメします(僕も最初そうでした^^)!!いや~、スプリングスティーンさんという枠で見れば異色作かも知れませんが、アメリカの白人民俗音楽史として見れば、これはフォルクローレとして超王道、どストライクを行く歴史的名盤なんじゃないかと、個人的には思っています。また、これぐらい綺麗なジャケットだと、CDじゃなくってLPで持っていたいですね、部屋に置いてあるだけでなんか「ふう…」って、力が抜けていい感じ(^^)。。大おススメです!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ボス

昨日の夜これを読んでCDを聴いていました。犯罪に関する曲が4曲もあるってのも珍しいですよね。私もこのアルバムは大好きです。ジャズはジャケットがかっこいいのが多いのでLPでも聴くのですが、これは紙ジャケCDで聴いています。これと明日なき暴走はLPの大きさがいいですね。

Re: ボス

泉の湧き出る森を彷徨う吟遊詩人さん、書き込みありがとうございます!

そうそう、『明日なき暴走』もLPだと見開いたときに写真がつながってカッコいいんですよね。僕が持っているLPの『ネブラスカ』は、ジャケットの厚紙がすごく厚くって、しかも普通のLPの厚紙ってグレーっぽい紙が多いのに、昔の段ボールみたいな濃い茶色っぽくって、なんかアメリカのスーパーの紙袋みたいで気に入っているのです。今も仕事しながら流していますが、やっぱりいいアルバムですね(^^)。

犯罪を含め、ボスのアメリカの社会派的な詞は『ザ・リバー』あたりから強まったそうですが、僕はそのアルバムを聴いてないんです。今度、それも聴いてみようかな、と思ってます。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド