心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Bruce Springsteen / Ghost of Tom Joad』

BruceSpringsteen_Joad.jpg アメリカン・ロックは、音楽全体の中ではもちろんのこと、ロックの中ですらそれほどひいきのジャンルじゃないんですが、スプリングスティーンさんのアルバムを改めて聞き直したら止まらなくなっちゃいました(^^;)。いや~、とにかく詩がいい!またその詩を語る声の渋さ生々しさがいい!アコースティックギターのシンプルな響きがいい!これは95年発表、僕が好きなフォークギター弾き語り系のスプリングスティーンのアルバムです(^^)。

 でも、90年代は、僕はもうロックやポピュラーをほとんど聴かなくなっちゃってて、このアルバムはリアルタイムでは聴いてませんでした。ジャケットもあまり好きじゃなかったし。ただ、10年ぐらいたって車でラジオを聴いていたときに、ふとこのアルバムの1曲目が掛かったのです。「あれ、ブルース・スプリングスティーンじゃないか?アコースティックギターの弾き語りをやらせると、やっぱり抜群にいいなあ。でもこの曲、『ネブラスカ』には入って無かった気がするぞ…」。で、曲が終わった後にDJが言ったタイトルは「ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード」。なるほど、「怒りの葡萄」を題材にしてるのか、そのセンスにも感心しました。でも、取りあげて持ち上げるほどでもないかな?これは僕が大人になっちゃっただけかも(^^)。

 音楽的には、『ネブラスカ』の弾き語りを、『トンネル・オブ・ラブ』的にアレンジした感じ。詩の世界観は、やっぱり『ネブラスカ』的な、ひとつひとつの歌が物語になっていて、短編小説を読んでいるような感じ。ただ、シンセを使うとやっぱり音が平均化されちゃうというか、音の情報量が減っちゃうし、ニュアンスは画一的になっちゃうし、テレビドラマのやっつけBGMみたいに聴こえちゃうし…というわけで、ネブラスカには届かない感じかな?
 さて、なんで僕は1曲目「ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード」に、そんなに心を動かされたのか。これは詩でも演奏でもなくって、コード進行の工夫にありました。非常に単純な和声進行、その和音も凝ったものじゃなくって、いわゆる「ギターコードを押さえてアルペジオ」という、どれもこれも同じというフォークギターの退屈極まるやり方なんですが…トニックに戻す直前のドミナントが1拍だけ。フォークギターのコードチェンジというのは1小節か2拍という単位でチェンジするものだという先入観がボクの中にあって、1拍だけというやり方を聴いた事がなかったもので、ものすごく新鮮だったのです。いきなりグッと主調に戻るので、シーンの展開が速いのです。また、1拍でも聴き手はドミナントのあの「ずれ戻る」感じを認識できるんだな、と新たな発見が。これがコロンブスの卵、スバラシかった(^^)。以降、他の人のほかの曲でも、このやり方をちょくちょく聴くことになったので、意外とフォークロック方面の人の間で話題になった曲なのかも。

 というわけで、『トンネル・オブ・ラブ』以降のスプリングスティーンさんはこれしか聴いてないんですが、これは良かったです。フォーク路線のスプリングスティーンさんが好きなら、当たりの1枚と思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS