心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『David Bowie / Low』

DavidBowie_Low.jpg 発表当時は「未来の音楽だ!」なんて言われたアルバムだそうです。A面がシンセ全面フィーチャーのダンス・ミュージックで、B面がイーノさんの世界という、コンセプトが『ヒーローズ』そっくりのデビッド・ボウイさんのアルバム。というか、こっちの方が発表が先ですね(^^)。ジャーマン・プログレでドロッドロに使われてロックフィールドに活路を見出したシンセが、ポップスのシーンで「雰囲気係」とか「ストリングス代わり」みたいな別の使われ方をし始めた最初の頃のアルバム。以降、80年代の洋楽ロック/ポップスは4リズムにシンセ、みたいな音楽が定番化しました。
 このあたりのボウイさんのアルバムは、ボウイさんが無機質なアンドロイドのように感じられる所(やたらとダブルにしたりエフェクトしたりするから余計にそう感じます)、これを良いと取るか悪いと取るかで、好みが分かれる気がします。僕個人は、BGMに近い感覚でこれを聴くとけっこう良い感じなんですが、じっくり聴こうと思うと「あれれ…」となっちゃうのが不思議。インストを挟んだり、アーティスティックに見えても良さそうな事を結構やってるのに、「すごいな、これ!」とは感じなかったなあ。理由は、ヴォーカルにもバックトラックにも感じられるこのアンドロイド感というか、機械的な無味乾燥な感じにあるのかも。

 このアルバムのバックトラックはシンセサイザー音楽のブライアン・イーノさんのプロダクト。僕は鍵盤奏者だったので、仕事でシンセ・キーボードを演奏させられる機会もそれなりにありました。そんな僕ですら、シンセがデジタルに近づくほど、僕が思っている楽器というものとは全く違うもの、楽器じゃないものとしか思えなくなっていくんです。変な話ですが、僕はピアノもサックスも歌もヴァイオリンも同じくくりに出来ます。でも、ピアノとシンセ・キーボードは同じくくりにする事にものすごい抵抗を覚えるんですよね。。音の合成装置としてのシンセの音をどうやって音楽にしていくか…みたいな大昔の現代音楽系の電子音楽とかはムチャクチャ面白く感じますし、大好きです。でも、ストリングスの代用品とか、表現がゴソッと奪われるまるでサイン波のようなリード音とかの「何かの楽器の代用品」みたいなシンセの使われ方は…デモテープつくりとかで、「とりあえず」レベルでちょっと使う分には便利なんですが、これでライブやCDまで作るとなるとちょっと…。音ではあるんですが、声にはなりえないもの、みたいな。結局、それがこのアルバムを聴いていて感じる、「レコーディングルームの中だけで完結している虚構」みたいな印象につながってる気がします。写真だとまだその先に現実がつながってるように思えるけど、CGだとCGそれそのもので閉じてしまっている感じがしちゃう…みたいな感覚に近いでしょうか。
 バックトラックだけじゃなく、ボウイさんのパフォーマンスにも似たものを感じます。自分の中で突き詰めてたどり着いた音楽ではなくて、なんとなく目について面白そうなものを「こういうコンセプトでやったらどうだろう」ぐらいの浅さ、芝居臭さを感じてしまうのです。これはボウイさんの活動全般に感じます。それはそれでクールかも知れませんが、「演じてる」感があるものだから、作られたものを客観的に鑑賞する、みたいな距離感にどうしてもなっちゃうんですよね。

 でも、人間臭さをなくすなら、あるいはそこに価値を見出しに行くなら、これはありだと思いますし、その路線はロボット・ヴォイスとかYMOとか、以降の日本のポップスにも受け継がれた美観ではあるんでしょうね。このアルバム自体が、「ロックのようで、今までのロックとは別のもの」みたいな80年代以降の洋楽ロック/ポップスの、あの傾向の先駆けだったのかも知れません。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
 
Bach Bachさん、こんばんは。
おもしろい考察ですね。僕もあまりデヴィッド・ボウイーに深い思い入れが持てないままなのですが、確かに変わり身の早さと表裏の薄っぺらさというのはありますね。それをスタイリッシュとして肯定するかどうかがはまるかどうかの分岐点かと。
 
 goldenblue さん、書き込みありがとうございます!

 goldenblue さんのおっしゃる通りだと思うんですよね。ボウイさんの好きと嫌いは、ポイントが同じ気がするんですよね。それを「スタイリッシュ」と取るか、「薄っぺらい」と取るかの違いのような気が、僕もします。この音楽を字義通りに「良い!」と取るのは「?」ですが、「薄っぺらい」「軽い」と取るのは、ある意味で当たり前のセンス。さらにその軽さを分かった上で「スタイリッシュ」と取るのは、もしかしたらその上を行く悟りの境地なのかもしれません。もしそうなら、僕は修行が足りないなあ(^^)。

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS