心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Beatles with Tony Sheridan / First Recordings』

Beatles-TonySheridan.jpg ひとつ前のソニックスの記事のコメ欄から、初期ビートルズの書き込みをいただいたところ、どうしても紹介しておきたい初期ビートルズの音源を思い出してしまいました(^^)。初期どころかデビュー前の音源なんですが、僕はビートルズ最高のパフォーマンスはこれだと思ってます。トニー・シェリダンのバックバンドをつとめた時の音源、マジで素晴らしいっす!全部聴くのが面倒くさかったら、"My Bonnie"という曲だけでも聴いて下さい。初期ビートルズが嫌いな人でも、「これはいい」ときっと思うはず(^^)

 簡単に音楽を紹介してみると…フィフティーズを引きずったロックンロールバンドという感じ。フィフティーズ特有の美しいメロディーを持つバラードとか、あの甘いヴォーカルの感覚とか、バンド自体は箱つきのロックンロールバンドという感じなんですが、なにせトニー・シェリダンが素晴らしく、それを引きずられるようにビートルズの演奏まで素晴らしくなっちゃってます。録音も初期ビートルズとは比較にならないほどグッド。さっき薦めた"My Bonnie"は、甘いバラードから、後半でアップテンポになるという感じで、アメリカ音楽に影響されまくったこの時代のヨーロッパの軽音楽状況が詰まってる感じ。ビートルズは偶然にスター街道を歩んだわけじゃなくって、ちゃんとそれだけのものを持っていたからブライアン・エプスタインに見出されたんですね~(^^)。

 この録音にまつわる話を少し。ブライアン・エプスタインは、ビートルズを世に送り出した敏腕マネージャーとして有名ですが、元はレコード店を経営していたんだそうで。で、店の方針として、お客さんが求めたレコードは絶対に入手してお客さんに届ける事にしていたそうです。で、ある時「ビートルズのレコードはありますか」と注文する女の子たちが増えたんだけど、ビートルズなんて知らない。で、頑張って探してみたところ、このトニー・シェリダンのレコードだったそうで。当のビートルズというのは、ふたを開けてみれば、よく店に出入りしていた不良小僧たちだったと(^^;)。。で、ビートルズのレコードが欲しいという女の子たちは増えるし、トニー・シェリダンのレコードを聴いてみたらけっこう良かったりで、だったらビートルズのレコードを作ったらどうか…という感じで、スーパーアイドルのデビューへの道が開かれた!

 デビュー前のバックバンド時代のプレイや音楽が凄いというのはそれほど珍しい話でもないんですよね。ジミヘンのデビュー前のカーティス・ナイトのバックバンド時代のギターなんて、カッコよすぎて悶絶しそうですし。というわけで、ビートルズは好きなんだけどそれほど入れ込んだというほどでもなかった僕が、聴いた瞬間に「これ、めっちゃいいじゃん!」と思った録音でした。あ、そうそう、ビートルズ中心に書いちゃいましたが、トニー・シェリダンが良いんですよ、やっぱり(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
No title 
Bach Bachさんは守備範囲がホントに広いですね!
びっくりです。
私はマイボニー以外はビートルズだけのコンピレーションのLPを持ってました(記憶違いでなければ)。ビートルズ最高のパフォーマンスかどうかは別にして(汗)・・・マイボニーもけっこう好きです。そのコンピレーションにトニーシェリダンのその他の曲も入っていたらだいぶ印象が変わっていたかもしれません。

初期のビートルズはライブバンドとしての魅力の方が勝っていたような気がします。ビートルズのデビュー前のスタジオ録音はそれほど印象には残ってないですね・・・ただMoneyがなんだか切なくて(というか切実なかんじで)良かったです(遠い記憶なのですが)。(ご紹介のCDには収録されてないみたいです)

初期ビートルズの魅力は年齢を重ねると逆にじわじわと分かってくるような気がします。(人によりますけど)


Re: No title 
宮国さま、書き込みありがとうございます。

フィフティーズはアメリカは最高ですが、ヨーロッパは枢軸国ですら大戦から立ち直るので精一杯、軽音楽なんて自分で作るどころかアメリカのレコードを聴くのが関の山だったのかも知れませんね。トニー・シェリダンは最高ですが、でもやっぱりアメリカ音楽のコピーの域は出ないと思います。

初期ビートルズは、僕が最初期に聴いたのはたしか"Rock'n Roll Music" というコンピLPで、"Roll Over Beethoven" とか"Kansas City"とか、ロックンロールナンバーだけを集めたものでした。それを聴くと、やっぱりハコバンのひとつだったんだろうなと思います。そして、そこが魅力のひとつですよね。以降、イギリスがロック/ポップスの主導権をアメリカから取っちゃうんですから、ビートルズは音楽だけじゃない、世相を反映した現象のひとつだったんだと思います。いまビートルズを聴くと、音楽よりもそういう所ばっかり聴こえちゃうのは、僕が齢を取ったという事なのかも(^^;)。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS