『DEEP PURPLE / LIVE IN JAPAN』

DeepPurple_MadeInJapan.jpg ハード・ロックには異常に燃えるライブ盤がいくつもありますが、これなんてその代表格じゃないでしょうか!これは凄い、超燃えます!!ただ、LP2枚組で出たこのアルバム、僕はいつも最後まで聴き通せない(*゚∀゚*)アハハ。。

 アルバム冒頭、サウンドチェックをしてる所から、だんだんリズムが出てきて、オルガンが「ギュワ~ン」って和音を奏でて、ギターがイントロのリズムを放り込んできて、一気にハードロックの大名曲"highway star"になだれ込みます。うおおお、かっこいいい~~~!!!で、ものすごいオルガンソロにギターソロ…たぶん5~6分だと思うんですが、聴いている感覚としては一瞬の出来事、一気に駆け抜けます。いや~、これはいいっすよ、これを体験した事のない人は、爺さんも小学生も必聴!!そして2曲目"Child in time" は、すごく静かな所から始まって、オルガンとギターのソロを軸にどんどん盛り上がって、最後に第1主題に落とすという、まるで1楽章形式のソナタのような曲。これも、演奏も曲もメッチャクチャ素晴らしい!!音楽的な挑戦もいい!LPだとこれで1枚目のA面終了なんですが、まずここまでは神がかった大名演、すっげ~!!

 問題はここからで…B面は大有名曲"smoke on the water" から始まるんですが、そもそも僕はこの曲をいいと思った事がないので、演奏うんぬんの前にパス。以下、似たような型にハマった曲と演奏が続いて…途中で聴くのをやめてしまうパターンです。う~ん、またしてもスコーピオンズの"Love at the First Sting" 現象か、ハードロック期のディープパープルはこのパターンが多いな~。たぶん、作曲のやり方のパターンが少なすぎることが飽きちゃう原因かも。みんなうまいし、ファーストやセカンドを聴く限り、決してひとつの事しかできない人たちではないと思えるだけに、個人的にはハードロックという言葉に縛られ過ぎないでバンドを発展させてほしかった。…いや、でもこれだけ熱い音楽を聞かせてくれたんだから、そんなないものねだりをしちゃダメですね(^^)。もしかしたら、LP2枚じゃなくって、1枚にまとめて出していたら文句なしの大傑作アルバムになってたかも。でも、今だと"DELUXE EDITION" なんていうのも出てるのか…聴き通せないと言っておきながら、"SPEED KING" だけでも聴いてみたいな~。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!

>ハードロック期のディープパープルはこのパターンが多いな~。たぶん、作曲のや>り方のパターンが少なすぎることが飽きちゃう原因かも。

>ハードロックという言葉に縛られ過ぎないでバンドを発展させてほしかった。

・・・には全く同意です。
ディープ・パープルのファースト、そのうち聴いてみようと思います。

ファーストは大推薦です!

宮国さま、書き込みありがとうございます!

ファーストは、外れ曲はないし、演奏もアレンジも練り込まれてるし、音はいいし、文句なしの大名作と思います!
ぜひ、聴いてみて下さい(^^)


No title

これは「一家に一枚」と言っても過言ではないほどの大名盤、なのですが、実をいうとわんわんわんはこれをもっていません。
アート・ブレーキーの「Moanin'」と同様に大名盤だからこそ所有していないというやつです。
早速Youtubeでチェック中ですが、「Highway Star」~「Smoke On The Water 」~「Child In Time」……キター!「Space Truckin' 」~「 Black Night 」~「Speed King」名曲ぞろいですな。

今のご時世Youtubeである程度聴けてしまうという事情もありますが、これを機に今更ながらこの大名盤を手に入れてみようと思いますが、非常にベタなのでちょっと迷うところであります。

Re: No title

わんわんわん様、書き込みありがとうございます!連休ももうすぐ終わりですね、いかがおすごしですか?

名盤なのに、聴く前に通りすぎちゃったモノってありますよね。僕の場合、ロックやフュージョンに顕著です。
YouTube での曲順はそうなっていましたか?!僕が持っているのは多分最初に発売された時の順だと思うんですが、"Highway Star"~"Chinld in Time"~"Smoke on the Water"…でした。"Speed King" はそもそも入ってなかったです(;_;)。

No

こんにちは。
まぁ、色々と意見はあるにしろ、僕の場合のロックのスタートはこのアルバムだったの。
中学2年の時に初めて聴いて、意味も無く椅子から立ち上がって、部屋の中をウロウロするぐらい興奮したもんです。
今となっては何だか聴きすぎた感もあるけど、でも、50歳を過ぎた今でも興奮するかなぁ~。根が単純だからねぇ・・・。
名盤だと思ってます。

Re: No

土佐のオヤジ様、書き込みありがとうございます。

いや~、今でも興奮できるかもしれませんね。僕も中学の時に聴いて「すごい!」と思って、今聴いたらやっぱり興奮したので(^^)。逆にお伺いしたいのは、土佐のオヤジさまのように、その後に色々な音楽も聴くようになった方が、ひとまわりして今でも最後まで飽きずに聴けるかどうかという所に興味があります。

それから、この時期の「マシーンヘッド・ライブ」というライブビデオも昔見た事があるんですが、当時はイマイチに感じたんですが、最近見たところ、絵はちょっと大人しかったのですが、演奏がすごくて「こんなによかったんだっけ」とびっくりしました。この時期のディープ・パープルのライブは凄いですね!
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド