『DEEP PURPLE / MACHINE HEAD』

DeepPurpleMachineHead.jpg ロックの名盤ガイドには絶対出てる1枚、ディープ・パープルのマシンヘッドです。でも、若い頃、これの良さが全然わからなかった(>_<)。「これがディープ・パープルの最高傑作だって?ウソだろ、耳腐ってんじゃねえの…」みたいな。今でもそう思うんですが、これを聴くなら"live in japan" が同じ曲を結構やっているうえに演奏のクオリティも音のクオリティも断然いいので、そっちを推したいっす。で、ライブを気に入ったなら、そのメイキングやリハーサルを聴くつもりでこれも…みたいな感じで丁度いいんじゃないかと。バンドでいうと、演奏が堅すぎ、合わせも足りなさすぎで、バンドがまとまってません。個人個人もえらく慎重に演奏してる感じ。凄いプレイヤーがいっぱいいるバンドなのに、全然躍動してません。録音でいうと…なんだこの音、これより古いディープ・パープルのレコードは良い音してるのに、なんでこんなしょぼいんだろうか。どの楽器も、全部音が詰まっちゃってます。ヴォーカルなんて潰れたみたいな音、ドラムなんてスネアもシンバルも「ボチャッ」みたいな音になっちゃってて、まるで迫力がありません。まったく同じ体験を、僕はレインボーのファーストでしたことがあるぞ…。これはミュートどうこうじゃなくって、録音の問題なんだろうな…。
 で、超久しぶりに聴いてみると…若い頃に思っていたほどの「ダメだこりゃ」感はありませんでした。"highway star" とか"pictures of home" とか"space truckin'"とか、カッコいい曲がいっぱい入ってました。恥ずかしい話ですが、"pictures of home" なんて、イングヴェイ・マルムスティーンが良い演奏をしていたので、いつの間にか僕の中ではイングヴェイの曲みたいに記憶がすり替わってました(*゚∀゚*)アハハ。この曲も、バンドが躍動すれば全然カッコよかったんだろうな。イングヴェイのプレイを聴くまで、まるで注目してなかったです。というわけで、演奏が躍動してないのと、録音の悪さのダブルパンチが激痛。ここから何度かリハを重ねて、録音もちゃんとしたらもっと名盤になってたかもしれない…あ、それが「ライブ・イン・ジャパン」なのか(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Pictures of home はパープルの中でも大好きな1曲。
何といってもベースのソロがある、いや、バンド皆のソロがあるって点がお気に入りです。
個人的には、イングヴェイ・マルムスティーンの方は、凄すぎて、
「こんなにしてしまうのかい!」
って、少々やっかみがあるかもなぁ。

Pictures of home

土佐のオヤジ様、書き込みありがとうございます!

"Pictures of home" 、カッコいい曲ですね!この時期のディープ・パープルがライブで演奏したものがあれば、聴いてみたい曲のひとつです。イングウェイのものに関しては、意外とメタルメタルさせていなくって、けっこうリッチー・ブラックモアやディープ・パープルへのリスペクトが感じられて、僕的には良かったです。

私はギラン時代の・・・

パープルに思い入れ無し。
古いからと思っていたけど、古いからではなく音に迫力が無かったからなのかもしれないですね。
同様に、BACH BACHさんと同じくレインボーのファーストも聴きませんね。
時代じゃなくって音がダメだと今更気づきました。ありがとうございます!!
だから、私はBURNからのパープルは聴くんだなと納得しました

Re: 私はギラン時代の・・・

ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

いやあ、そうなんですよ、音がね…。もし、音が「ギュワ~~~~ン!!!」って来てたら、倍はカッコいいアルバムになってたんだろうなという気がします。演奏がライブよりヌルいのは、メジャーのロックバンドは、作曲→ライブ→アルバムじゃなくって、作曲→アルバム→ライブになるんでしょうから、ある程度は仕方ないのかも知れませんね(^^;)。

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド