『帰ってきたウルトラマン オリジナル・サウンドトラック』

KaettekitaUltraman.jpg ドビュッシーのホルンの使い方を聴いていたら、自分は管弦楽ではオーボエとホルンの使い方がうまい作曲家さんが好きなんじゃないか…という事に気づきました。特にホルンなんですが、自分がホルンをいいと思った最初の体験ってなんなんだろうかと考えていたら…たぶん、「帰ってきたウルトラマン」なんじゃないかと(^^)。世代的に、昭和のウルトラマンシリーズは大ビンゴ。子供のころ、テレビにかじりついてみてました(^^)。シリーズ中ダントツで好きだったのはウルトラセブンで、音楽もウルトラセブンのオーケストラのBGMが一番好き。セブンは僕のオーケストラ原体験だったんじゃないかと思います。そのスコアを書いたのが冬木透さんという作曲家で、ウルトラセブン以降のウルトラマンのスコアはしばらくこの人。というわけで、音楽はウルトラセブン以降も秀作ぞろいで、「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンエース」のスコアは、どれも好きです(^^)。そして、ホルンに関して言うと、「帰ってきたウルトラマン」がとびぬけて素晴らしい!でもウルトラマンって、肝心のドラマが「帰ってきたウルトラマン」あたりからどんどん駄目になっていって、「ウルトラマンエース」は第3クール以降は見るに堪えず、ウルトラマンタロウまで来ると子供から見てもあまりにアホ臭すぎて観るのをやめちゃった(^^;)。。

 帰ってきたウルトラマンでは、登場する防衛軍MATが決死の覚悟で悲壮感たっぷりに出撃する時に流れる「ワンダバダバ…」のBGMとか、苦戦していたウルトラマンが形勢逆転して優勢になった時に流れる爽快なテーマ(次週予告でも流れてました^^)あたりがすばらし~!あと、自分の意思ではウルトラマンに変身できない主人公が、とうとうウルトラマンになった瞬間に流れる「ダ~ン、ダラッダッダー!!!」という曲も、キタ━━━ヽ(`・ω・´ )ノ━━━!!って感じで大好きでした(この音楽が脳内再生できる人は、僕の友達です^^)。このサントラを聴くと、ウルトラセブンに比べると、実験性は少なくなって、けっこう木管室内楽的なものとか、クラシックに寄った感じの曲が多いんだな、と感じました。それにしても、聴いたことのあるメロディのオンパレード。どれだけ観てたんだよ(^^;)。そしてホルン大フューチャー曲は、物語のエピローグ部分で、夕日を見て「平和が訪れた」みたいなときにかかる曲が一番印象的。次週予告と同じメロディなんですが、楽器を入れ替えるだけでこんなに変わっちゃうんだから、楽器の力って凄いです。そういえば、ウルトラセブンの最終回もホルンの効果が絶大だったな…。

 少し残念なのは、ちいさい頃に持っていた新マンのドーナツ盤レコードのB面に「基地は海底波間に隠れ…」という歌い出しで始まる歌が入ってたんです。曲のタイトルも覚えてないし、たぶん劇中でも使われなかったんですが、これが大好きで、オープニングテーマよりもよく聴いてたほど。特に、エンディング部分のティンパニーとストリングスの緊張感がツボ。このCDには、その曲が入ってないんです。それさえ収録されてたら完璧だったのになあ。それにしても、懐かしくて童心に帰ってしまいました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新マンの話

それを振られたら、もう私への問いかけだと思いました。
タッコングが現れ、郷秀樹が言う「ウルトラマンになれ! ウルトラマンになれ!」というセリフは忘れられません。
でも人間として努力してないからウルトラマンになれないなんて(笑)
それにしても、自分の力でウルトラマンになれないなんて、ウルトラマンごっこが出来なくてね!

Re: 新マンの話

ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

ボネ太郎さんも「新マン」ですか、僕もです(^^)。「帰りマン」「ジャック」などなど、地域や世代によって呼び方が違うようですね。

僕は自分で変身できない新マン、好きでしたね~。自分で変身できないから、怪獣に襲われても人間の力ではどうしようもなくって、追い込まれ、万策尽きて絶体絶命!その時に、今までは怪獣やビルの崩れる音で騒然としていたのが水を打ったように静まり返って、「シャーーー」という神々しい響きと光があらわれて、「ダ~ン、ダラッダッダ~~!!」とウルトラマン登場!!このカタルシスは新マンならではでした(^^)。グドン&ツインテール回は今見ても感動です!
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド