心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Hop Wilson / Houston Ghetto Blues』

HopWilson_HoustonGhetto.jpg 日本にPヴァインというインディー系のレーベルがありまして、昔ここはブルースのレコードばかり出してました。しかも、アメリカですら出されないような発掘音源とか廃盤レコードも出すほどのマニアックぶり。ネットの普及していない80年代、アメリカ本国ですら手に入らないタイトルの宝庫なものだから、ブルース好きのアメリカ人は日本に来たがった人も多かったそうです。ZZトップなんて、来日時にPヴァインのレコードを大量に買い込んでいったそうで。

 Pヴァインのレコードの中でも、「これは聴いてみたい」と痛切に思ったのがこれ。もともとはテキサスにあったアイヴォリーというレーベルから出たレコードに、完全テイクや未発表テイクを加えてリリースされたものです。僕がどこに喰いついたかというと、まずは、このホップ・ウイルソンという人の演奏スタイル。ジャケットから想像するに、ブルースなのに、平置きにしたスティール・ギターをボトルネック奏法で演奏していたのです。普通のギターをボトルネックで演奏するブルースは聴いていたのですが、こういうハワイアンみたいなスタイルは見た事が無かったので興味津々。もうひとつは、レコードのタイトルとキャッチコピー。アルバムタイトルの「ヒューストン・ゲットーのブルース」、これにヤラれました。ブルースといえばまずは南部だと思うんですが、僕のイメージでは泥道、遮断機のない踏切、古い南部の木造りの酒場とか、そういうイメージ。そして、レコードの帯に書いてあったコピーが凄かった。「ブルース史上、最もブルーな凍りつくブルースを歌ったひとり」「怒りと悲痛さが見え隠れするスティール・ギター」。う~ん、ブルース好きなら、ここまで書かれたら聴くしかないじゃないですか!
 1曲目は"Black Cat Bone" か、たしかヴードゥーや南部では、猫の骨を呪いに使うんだよな。そんなかんじでワクワクしながら針を落とすと…うわあ、陽気なバンドブルースが次々出てきた_| ̄|○。勝手にしゃがれた渋いうなり声を想像していた僕は、ちょっとがっかり。そりゃそうですよね、「もっとも凍てつくブルース」と書いてあったのに、どう聴いてもご陽気なアップテンポのブルース・セッションが出てくるんだから…。スライド・スティール・ギターも、言われなければ普通のギターのスライドと見分けがつかないようなサウンドで、肩透かしを食った気分(;_;)。
 でも、気を持ち直して好意的に捉えると、レコードB面は、たしかにヘヴィー系のバンド・ブルースとして、けっこうカッコよかった曲が入ってました。"I Done Got Over" はスローブルースで、ブルース独特のフワーッとした憂鬱さがいい感じ。いちばん良かったのは、ふたつのテイクが入っていたピアノ入りのスローブルース"Merry Christmas Darling" 、これはいい!グッときました。ただしテイク2はホップ・ウイルソンのソロに入ったところでフェードアウト(^^;)…途中で誰かが落ちちゃったのかな?そうそう、このレコードの編成はスライドギター、ギター、ピアノ、ベース、ドラムです。そして、スローブルースはどれもピアノが素晴らしい!!ピアノブルースって、悲しいようなすがすがしいような独特の味わいがあって、ツボに入るとたまらんです(^^)。
 というわけで、「ブルース史上、最もブルーな凍りつくブルース」とか、そういう言葉に踊らされると肩透かしを食うかも。でも、「アップもあればスローもあるヒューストンのゲットーのバーで演奏されていたバンドブルースを聴いてみたい」ぐらいの感じで捉えれば、いいレコードかも(o^ー^o)b。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
No title 
おおっ、ホップ・ウィルスンですか!いいですね~。
ワタクシも自分のボログで取り上げましたけど、スティール・ギターという楽器の音色のおかげで、重苦しい雰囲気にならないのがよろしいかと。哀愁は漂っているけれどもどこかホンワカした感じというのが、ブルースがイマイチ苦手なワタクシには丁度イイ塩梅であります。
ブルースの中では、ビッグ・ビル・ブルーンジーと並んで好きな人であります~♪
人生初! 
ころんさん、書き込みありがとうございます!

いや~、人生でホップ・ウイルソンを知っている人に出会う事が出来たのは初めてです!それだけでも嬉しいなあ(^^)。
そうですね、ヘビーなブルースではないですね。ビッグ・ビル・ブルーンジーさんもそうですよね。若い頃の僕はヘビーなブルースが好きだったもので、この良さが分かりませんでした(^^;)。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS