心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Weather Report』

WeatherReport.jpg アルバム冒頭のシンセサイザーの音からして超絶的な格好よさ、続く呪術的なウェイン・ショターとミロスラフ・ヴィトゥスのインタープレイに鳥肌立ちまくり!フュージョンの名バンド、ウェザー・リポートの素晴らしすぎるデビューアルバムです!1971年の作品…思っていたより古かった(^^;)。ジャケットもカッコいい!!

 若い頃、シンセとかフュージョンとかがどうにも苦手でした。中高生の頃に耳にしたフュージョンといえば、デビッド・サンボーンとかグローバー・ワシントン・Jrとかスクエアとかパット・メセニーとか。聴き進めたものの、何枚聴いてもグッとくるものに出会えず。ムーディーなBGMか必死に指を動かしているかのどっちかで、どちらにしてもハートに響く音楽じゃないと思っちゃって、聴くのをやめちゃったのです。音楽って、出会いが大事ですね~。でも、そういう僕のフュージョンへのイメージを吹っ飛ばしたレコードが2枚ありまして、そのひとつがこのウェザー・リポートのファーストアルバム(o^ー^o)!!いや~、これはカッコよかった!初めて聴いたときはゾクッときました。今聴いたらそうでもないんだろうな、と思ってターンテーブルに乗せてみたら…いやいや、やっぱりカッコよかった!

 僕は輸入盤のLPを持ってるんですが、どこにも作曲者クレジットもメンバークレジットもない(;_;)。えっと、分かっているのは、サックスがウェイン・ショーター、ベースがミロスラフ・ヴィトゥス、エレピ&シンセがジョー・ザヴィヌル。以降のこのバンドの歴史からすると、ジョー・ザヴィヌルがバンドの中心と思うんですが、1曲目のシンセの強烈な世界観を除けば、このアルバムでのザヴィヌルはほっこり感担当という感じ。でもこのエレピやシンセの音がメチャクチャいい!!エレピやシンセうんぬんより、良い音を作れているかどうかが大きいのかもなあ。。
 でも、どんなに音がいいと言っても、さすがにエレピの音の質感が音楽のすべてだと、だんだん飽きてきちゃいます。そこで重要になってくるのが、ショーターとヴィトゥスのプレイで、これが七味のように効いてくる(^^)。このアルバム、1曲目"MILKY WAY" のシンセプレイでつかみはオッケーなんですが、あとはコード進行だけ決めたセッションで、しかもそれが「ぼわーん」としたプレイばかりなので、何度かダレかけちゃいました。しかし、2曲目"UMBRELLAS" のショーターの音楽特有のおどろおどろしさとインタープレイ、B面最後"EURYDICE" のけっこう攻めたプレイ、このふたつがアルバムを引き締めてるんじゃないかと。実際のところ、ショーターとヴィトゥスの抜けた後のウェザー・リポートは、やっぱり僕は駄目だったんですよね。。

 まあ、コードだけ決めてどうとか、アプローチがどうとか、そういう事は今聴くから分かるんであって、若い頃に聴いたときは、このぼんやりした部分を、何かすごいマジックが起きてるように捉えてました。僕みたいに、フュージョンに苦手意識がある人がいましたら、これは試してみてもいいかも。特に冒頭2曲とラストは、相当カッコいいです。フュージョンのレコードの中では、僕の中ではトップ5に入るおススメです!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS