『Miroslav Vitous / Journey's End』

MiroslavVitous_ JourneysEnd ウェザー・リポートのファーストと、リーダー作"infinite search" で、一気にミロスラフ・ヴィトゥスのウッドベースのファンとなった僕でしたが、しかしそれ以降でいい思い出がない…。これは、中古盤屋で見つけて飛びつき、ワクワクして家に持って帰り、いざ聴いたらガックシきたアルバム。でも、いま久々に聴いたら、おもしろく感じた所もあって、そこまでガックシするようなものでもありませんでした(^^;)。でも、やっぱり好きではないかな…昔は、期待が大きすぎたのかも知れませんね(=^▽^=)。

 でも、ダメなポイントのひとつは分かった気がします。ECMというレーベルの音が苦手。これ、ECMのレコードなんです。僕はウインダムヒルとかECMのあのわざとらしいリヴァーブたっぷりの「ほら、綺麗でしょ?美しいでしょ?」って音が好きじゃないのです。ミュージシャンがどういう音を演奏しても、全部あのフワーッとしたリヴァーブに包まれちゃって、どれも全部同じような音楽に聴こえてきちゃうのがいや。ECMって、ジャズだけじゃなくって、現代音楽や南米音楽や、色んなCDを出してるじゃないですか。どれも方向性が違う音楽なのに、印象がどれもこれも同じになっちゃうんです。しかも、ECMのかけるリヴァーブって、量が多いだけじゃなくって、フランジャーみたいなの掛かってませんか?聴く人によってはこれがクールに聴こえるのかも知れませんが、僕には痛いとしか思えないのです。ガッと迫力あるプレイに踏み込んだ時も、「ふわわわわ~~ん」ってなって、なんかECMの持っているセンスを押し売りされている気分になっちゃう。「涙が出る」と言おうが「ムカつく」と言おうが、全部ECMのフィルターが掛かって「涙が出る~ぅぅぅぅぅうつくしい」「むかつく~~ぅぅぅぅぅうつくしい」みたいになって、全部同じにされてるみたいで残念。あと、演奏表現の一番いい所がリヴァーブで消されちゃってるし。コントラバスが弓でギッって擦る時なんか、美しい音じゃなくって汚い音を挟み込みたいと思ってるんじゃないかと思うんですよ。それも「ギュ~~~ゥゥゥゥウツクシイ」となっちゃうもんだから、価値観の一方向化もここまでくると迷惑だな、と感じちゃう。整理され過ぎた部屋にいるような居心地の悪さというか、机が1センチでも曲がっていたら怒られちゃいそうな嫌な潔癖症感というか。型にはめられている感がハンパないです。演奏って、色んな音色を出せるようになるところでいちばん苦労するというのに、そこを画一化しちゃうんだから、ちょっとね…。レーベルオーナーはクラシックのプレイヤーだというのに、なんでなのかなあ。

 というわけで、ヴィトゥスというよりも、ECMが苦手という話でした(^^;)。でも、ある時期以降のヴィトゥスの作品って、ECMから出ているものが多いんですよね、うう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド