心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『the J. Geils Band / Sanctury』

JgeilsBand_Sanctury.jpg 幼少期に聴いたJ.ガイルズ・バンドのライブ盤"Showtime !" に大興奮した僕でしたが、小学生の僕にはバンド名が読めず。中学に入り、洋楽に詳しい友人Aに向かって「ジェイ・ジェイルズ・バンドって知ってる?」などと言ってしまい、大恥をかいてしまった(^^;)。友人Aは、「ガイルズだろ(爆笑)。。そんな晩年のしょぼそうなレコードは聴いた事がないけど、J.ガイルズと言えばこれだよ」といって貸してくれたのがこれでした。日本盤は「禁猟区」なんてタイトルでした。ジャケットが何となく印象的で、これは良さそうだな~、なんて、聴く前に感じてました。

 さて、家に帰って聴いてみると、かなり普通なアメリカン・ロック。もし日本語で歌われたら、ロック・テイストが前面に出てきた70年代後半から80年代アタマぐらいの日本の歌謡曲と言われても信じちゃうかも。沢田研二とかツイストとか佐野元春あたりが歌ってもまったく違和感ない感じ。曲もみんな3~4分で終わって次から次だったもので、余計に歌謡曲っぽく感じちゃったのかも。"Showtime" に比べるとブルージーな曲も結構はいっていて、この頃は爽快なバンドではなく、王道アメリカン・ロックなバンドだったんだな~と思ってみたり。僕には晩年の軽くって超爽快な"Showtime" の印象が強すぎて、「なるほど、こっちの方がたしかに王道アメリカン・ロックっぽい。でも、これはステレオタイプすぎて面白くないんじゃないの?」みたいな感想。そして、翌日その旨を友人Aに伝えると、この会話をきいていた別の友人Bが、「J.ガイルズを聴くなら、もっと前のレコードじゃないと駄目だ。黒くってかっこいいぞ!」と口を挟んできたのでした。いや~、思い出を振り返ると、僕は友達に音楽を教えてもらってきたんだなあ。特に中学生の頃は良かった。。

 僕は一瞬で通り過ぎてしまったレコードでしたが、いま聴くとけっこう良い曲がいっぱい入ってるし、要所要所で「おっ!」と思うプレイがあったりします。一瞬なんですが、"Wild Man" のハーモニカとベースとかカッコいい!。このアルバム、3分で曲を切っちゃわないで、もう少しプレイしたらもっとカッコいいアルバムになったのかも。フェードアウトが多いし、演奏を聴かせる部分はみんなカットしてメロディとかのキャッチーな部分だけを残すという方針が勿体なかったです。こういう産業ポップス的な方針って、ブレイクし切れないバンドにレコード会社が介入した結果なのかな(∵`)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments
中学生なんて、ララララ 
そんなものです(笑)
それにしても、急にJガイルズ バンド二連発は嬉しい次第です。
特に「ワイルド マン」は、私がお好みテープを作る時に、Jガイルズ バンドとして必ず入れてしまう曲。
途中のパートが大好きなんです
Re: 中学生なんて、ララララ 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

J・ガイルズ・バンド、いいですよね!「ワイルド・マン」は、当時は歌い方がミック・ジャガーみたいだと思ってました。間奏のハーモニカとベースのソロが好きです(^^)。J・ガイルズ・バンドですが、久しぶりに聴き始めたら止まらなくなりまして、次は僕がJ・ガイルズの中で一番好きなアルバムでも書こうかな…

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS