『Naná Vasconcelos / Saudade』

NanaVasconcelos-Saudade.jpg 惜しい人の他界のあいつぐ音楽界ですが、今年一番ショックだったのは、ブラジルのパーカッション奏者であるナナ・バスコンセロスの他界かも。エグベルト・ジスモンチとの来日公演が決まっていて、絶対に行こうと思っていたところでの訃報。うあああ、この人は生で見てみたかったよお(・_・、)。このCDは、1980年に発表されたバスコンセロスのリーダー作で、盟友ジスモンチと、ストリングスが入ってます。

 ナナ・バスコンセロスのパーカッションを区分けすればマルチ・パーカッションになると思いますが、南米だからといって典型的なラテン・パーカッションのセットというわけでもなくて、ビリンバウとタブラ、それにカバサあたりが中心。あと、声をタブラのように「デュルディデュダラ…」みたいに高速で使うのも、けっこうよく聴きます。帰ってきたウルトラマンの「ワンダバ」の3倍は速いです(^^)。あれって、インド音楽の打楽器のレッスンで使う、声の楽譜というやつなんだろうか。そして、ビリンバウとタブラの細かすぎる高速プレイが圧巻、神業です。打楽器が好きな人なら、もうこれだけでノックアウトなんじゃないかと。これが、フュージョン的な「技術だけ」プレイヤーじゃなくって、表現力がヤバすぎ。曲も芸術的でカッコよくって、音楽としていい!どちらも民族音楽色の強い楽器ですが、これほどのものが「民族音楽は拒否」みたいな理由だけで聴かれないのだとしたらあまりにもったいないので、ぜひ聴いて欲しいなあ。

 しかし、プレイ志向が強いパーカッションのプレイは、飽きが来るのも確か。そこをうまい事やっているのが、ギターのジスモンチと、ストリングスです。アルバム冒頭はビリンバウの演奏から入り、これがどんどんスーパープレイと化していって…というのは、プレイヤー志向にある音楽ではよくある事ですが、そこからオーケストラの演奏を挟み込んで西洋音楽とブラジルを平行に扱って、最後にビリンバウに戻す、みたいな事をやってます。おおお、カッコいい!この辺は、ジスモンチのアルバムのやり口と似ているので、もしかしたらジスモンチのアレンジなのかも知れません。

 でも、ブラジル音楽の芸術音楽への踏み込みは、僕の中では、ジスモンチとバスコンセロスで最後。あとの人は、よくってジスモンチやバスコンセロスのプレイの模倣どまりで、プレイとしては凄いのもあるんですが(というか、すごいものだらけ^^;)、音楽的には「まだドミソかよ」みたいなお手軽ポップスの延長にあるような音楽が多くってつまらない。ジスモンチやバスコンセロスのプレイだけじゃなくて、音楽を受け継いだり発展させたりする人が出なかったら、ブラジル音楽もそれまでだろうなあ。…いや、それが簡単に出るようなものでないから、バスコンセロスが偉大なんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド