『Dinah Washington / Dinah Jams』

DinahWashington _jams ジャズ・ヴォーカルのアルバムで、僕が人生で一番衝撃を受けたのがこれ!ダイナ・ワシントンがクリフォード・ブラウンやマックス・ローチの伴奏でヴォーカルを取ったアルバムです!

 まず、メンバーが凄いです。ペット隊はClifford Brown, Maynared Ferguson, Clarl Terry、サックス隊Harold Land, Herb Geller、ピアノはJunior Mance, Richie Powell、ベースKeter Betts, George Morrow、そしてとどめのドラムはMax Roach!!クリフォード・ブラウンとマックス・ローチの参加がゲスト扱いというか目玉なんでしょうが、他のレギュラーメンバーも全員リーダー作を出せるレベルで、知名度だけじゃなくって実際のプレイが素晴らしい!そして、とにかく1曲目の「恋人よ我に帰れ」が熱い!よくある歌伴奏じゃないんですよね、ジャズのジャムセッションです。ヴォーカルに遠慮する事なく、全員吹きまくり、叩きまくりです(^^;)。おかげで、ダイナ・ワシントンは絶叫しまくり、しかもヴィブラートや何やらのテクニックは歌の味つけじゃなくって、まるでトランペットのシャッフルレベルの超絶です!これを最初に聴いたのがいつだったのか覚えてませんが(たぶん中学生の頃?)、「ああああああああ、凄っげえええええええええええ!!!!」みたいな感じで、本当に衝撃でした。また、ジャムっぽいからペットもサックスもみんなにソロを回すんですが、全員して「俺が一番だろ?な?な?」みたいな感じで、フルスロットルの演奏です。カッコいい!あと、白熱しまくりのジャムに、だんだんお客さんも釣られて手拍子を打ち始めちゃうんですが、これが全員裏打ち。どっちがいいというわけではありませんが、こういう所は日本と違うんですね。

 以降も素晴らしいです。2~3曲目はヴォーカル抜きのインスト、そして4~5曲目がバラード、6曲目がリズム曲…う~ん、このアルバム構成も唸らされるというか、見事です。。6曲目"I've got you under my skin" のシャウト・コーラスひとり回し目のトランペット・ソロも素晴らしすぎる。50年代以前のジャズ・ヴォーカルとか、反対に80年代以降のジャズ・ヴォーカルのレコードって、実際のライブでやられている音楽じゃなくって、ラジオ放送のTPOやお客さんに合わせて、選曲もアレンジも演奏も分かりやすくした無難なものが多いんですよね。そんな中、ミュージシャンの本領発揮のこのレコードは熱い!!これは、ジャズを聴かない人にもぜひ一度聴いて欲しいアルバム。歌手を目指している人に至っては、これを聴いた事がないなんて認められません。ロック以前のアメリカの軽音楽がどれだけ高いレベルであったかを痛感するんじゃないかと。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド