『バレンボイム指揮&ピアノ、シカゴ交響楽団/シェーンベルク:浄められた夜、5つの管弦楽曲 他』

Shoenberg_Barenboim_Nacht.jpg 近現代の作曲家で、以降の音楽にもっとも影響を与えた作曲家といえばシェーンベルクじゃなかろうか?!無調音楽、12音音楽などなど、シェーンベルク以前にはほとんど聴くことの出来なかった音楽がここからはじまり、以降のセリー音楽の源流になり、たぶん今のさまざまな実験音楽も…とにかく現代音楽のルーツとなった超重要人物、最先端で難解な、スゴイ人なのです!僕は、シェーンベルクは12音音楽にいってしまうちょっと前の、無調音楽にちょっとだけロマン派音楽の匂いが残っているあたりが一番好きでして、ロマン派から無調、そして12音へというシェーンベルクの変化を存分に味わえるのが、このCDというわけです(^^)。

 シェーンベルクさん、最初はブラームスとかワーグナーとかマーラーみたいな重厚なドイツ音楽みたいなのを書いていました。その代表作が、このCDにも収録されている「浄められた夜」。作品4なので、本当に初期ですね。これがいい曲なんです(^^)。シェーンベルクは難解でちょっと…という方は、ぜひ「浄夜」を聴いてみて下さい!じつに官能的な、上質のロマン派音楽です(^^)。そうそう、この曲、じつは標題音楽でして、デーメルという詩人の詩からインスピレーションを受けて作られてます。もともと弦楽6重奏だったそうですが、ぼくが聴いたCDは全部大編成だな~(ホリガー指揮のものとか、カラヤン指揮のものとか)。
 
 ここから、シェーンベルクの作風は少しずつ変わっていきます。無調といわれる音楽を書きはじめるんですが、このあたりのシェーンベルクの音楽は名作の宝庫。まずは、 「3つのピアノ曲」。作品11なので、これも比較的初期の作品なんですが、ロマン派な感じと無調のミックスみたいな感じ。調的感覚がないわけではないんですが、なんというのかなあ…センタートーンはあるけど、長調とか短調とか、あるいはそれらのモードとか、そういうんじゃないんですよね。もっと対位法的というか、それぞれの旋律の関係性でむすばれた音楽、みたいな。だからあえて調か無調かと言われれば無調という事になるんでしょうが、これが恐ろしくいい曲(^^)。曲の構造がしっかりしているからなんでしょうね。ただ、この曲にはバレンボイムの数段上を行く快演がありまして…それはまたいつか紹介します。そうそう、このCDですが、おもしろい事に、最後に「3つのピアノ曲」の第2番のプゾーニ編曲版が入ってます。これは、他では聴いた事がなかったもので、ちょっと驚きました。
 これとまったく同じ年に書かれた「5つの管弦楽曲」、これもまた素晴らしい!管弦楽ではあるんですが、これも「3つのピアノ曲」の似たような音楽で、しかし管弦曲のカラフルな響きがあるものだから、ゾクしてしまいます。そして、「浄夜」と違って、ドイツ音楽的なドラマがまるでなく、6つの楽章のそれぞれがすごく短くて(2分とか5分とか、もう管弦楽とは思えないぐらいに短いっす^^;)、無調的印象主義とでも呼びたくなるような感じ。いや~、これもカッコいいっす。こういうのを聴いていると、長調か短調の音楽ばかりを聴いている自分が馬鹿におもえてくる…。
 その2年後に書かれたピアノ独奏曲「6つのピアノ小品」。ここまで来るとロマン派の香りなんて全然なし。しかも、どの曲も長くて70秒と、短いっす(^^)。なんで短いのかは分からないんですが、この傾向はシェーンベルクの高弟ヴェーベルンもそうなので、そういうコンセプトが当時のセリー音楽にはあったのかも知れません。ただ、「無調」という言葉から想像する音とはちょっと違うと思います。無調といっても、♭9 とか♯5 が出てくるという感じだし、対位法的な線と線の構造が実によくできているもので、デタラメに聴こえるどころか恐ろしく合理的なかんじで美しい。これも素晴らしいです!

 というわけで、ロマン派、無調、12音と変化していったシェーンベルクのキャリアを1枚で楽しめるこのCD、おススメです!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド