心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『アサートン指揮ロンドン・シンフォエッタ/シェーンベルク:室内楽作品集』

Shoenberg_Chamber Ensemble シェーンベルクの室内楽作品集、2枚組です。曲目は…

CD1
・室内交響曲第1番(15楽器のための)op.9
・浄夜op.4(弦楽六重奏版)
・室内オーケストラのための3つの小品
・鉄の旅団
・クリスマスの音楽
・ヴァイオリンとピアノのための幻想曲op.47
CD2
・組曲op.29
・管楽五重奏曲op.26

 録音はクリア、演奏はタイトです。若い頃の僕は、このディスク2に入っているふたつの曲に惹かれて買ったんです。というのは、この2曲、シェーンベルクの12音音楽が完成した超重要作と言われていたから。ところが、これが全然受け付けなかった_| ̄|○。「組曲」はまだ良かったんですが、「管楽五重奏曲」なんか、駄作としか思えなかった。管楽器の音が、バラバラにピロピロなっているだけに聴こえてました。そんなものだから、「シェーンベルクは、12音の時代は当たりはずれがあるから気をつけろ!」と思うようになったんだと思います。じっさい、「6つのピアノ小品」ぐらいしか、12音でいいと思ったものがなかったですしね~。
 そして今回、売るかとっておくかを決断する為に聴いてみると…超おもしろかった!若い頃の俺は一体何を聴いてたんだよ。。もしかすると、ジャズやフランス音楽を中心に聴きすぎていたものだから、対位法的に絡む構造を捉える事が出来なかったのかも。たしかに、そこが聴こえてこないとつまらないかも知れません。フォーメーションがまるで分らないままサッカーを見るようなもの…かな?あ、あと、構造が重要なので、音楽を音の印象で捉える人は、やっぱりつまらなく感じるかも。思うんですが、セリーみたいに音どうしの関係性が重要な音楽って、演奏にかなり左右される気がするんですよね。どの音とどの音が照応しているかを見えやすく演奏すると、すごく構造が立体的に浮かび上がってくるんですが、平たんに演奏すると、これがめちゃくちゃな音の羅列に感じられちゃう。このCD、ちょっと平坦です。じゃ、どうすればいいのかはちょっと分からないけど、もう少し立体的に構造を浮かび上がらせる方法がある気がします。今度、楽譜を手に入れてみようかな…。でも、そのアナリーゼだけで大変なことになりそうです。現代音楽を扱う指揮者って、すごいな~と思います。僕だったら、指揮以前の分析の段階でくじけちゃいそう。。

 僕のシェーンベルク観は、今回でちょっと修正されました。うちには大量の本やレコードがあって、どう考えたって残りの人生であと2周も聴けない。だから、「もう1回聴いている時間はきっとないな」と思ったら、悪くないレコードでも手放す事にしてます。このブログ自体が、それをやろうと思って始めたものですし(^^)。というわけで、シェーンベルクは、ピアノ曲以外はぜんぶ手放すつもりだったんですが、ところがどっこい素晴らしかった!!無調時代はもともと好きだったんですが、シェーンベルクの12音をこんなに素晴らしいと感じたのは、人生初かも。これは、対位法やカノンの勉強をしてから聴いた方が解れるようになる音楽ですね。そういう視点で、構造を追えるぐらいの集中力がある時に聴くとシェーンベルクの無調以降の音楽はスゴイ。逆に、集中力がない時に聴くとよく分からなくなっちゃう。こんな感じかな?かといって、頭で考えるだけの音楽かというと、そうでない気も。実はしばらく前に嫌な事があって、ちょっと落ち込んじゃったんです。なんにも手がつかなくって、僕があまりにも落ち込んでるから、普段は奔放なうちの猫が、僕を心配して顔をスリスリしてきたりして、ずっと僕から離れないで寄り添ってくれるほど(うちのネコ、僕を自分の子供と思っているフシがあります^^;)。そんなもんだから、いろんな音楽を聴いて気分を変えようとしたんですが、ロックもジャズも全部だめ。ところが、シェーンベルクを聴いていたら、感動しすぎて復活してしまいました。うつくしいというのとはちょっと違くて、見事という感じ。感動してしまった。久々のシェーンベルク体験、ものすごく良かったです。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS