心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフトなど > ProTools・Sonic関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Sonic Studio Sound Blade のインストール方法

Sonic.jpg Sonic Studio という音楽ソフトメーカーが出しているSoundBlade LE というマスタリングソフトを買いました。マスタリングソフトというのは、自分でCDを作る時、CDプレイヤーに入れた時にタイトルを表示させるとか、曲をハサミを入れて編集するとか、曲の途中でインデックスを表示するとか、ボリューム調整するとか、そういう事が出来るもの。そういう事をしたい人は、このソフトはプロのスタジオでも大定番のものらしいので、ぜひどうぞ!!そうそう、僕的にはインデックス機能が嬉しいっす。クラシックみたいに曲が切れていないのに次の曲にはいる時なんか、普通にトラックを分けてCDライティングソフトで焼くと曲の切れ目でパチッと音が入っちゃうんです。インデックス機能を使えばその心配がないので便利。。

 ところがこのソフトを買ったはいいけど、中にはシリアルナンバーの書いた紙が1枚入っているだけで、インストールの仕方どころか、ダウンロードサイトのアドレスすら書いてねえ(- -*)。これだから輸入物の音楽ソフトは怖い…。というわけで、これをインストールできずに苦しんでいる人は絶対にいると思うので、インストール方法なんぞを書いておきます。

1. ライセンス登録をする!
SoundBlade を使用するには、iLokが必要です。というわけで…

 a. iLokのアカウントを持っていれば、アカウントはあるのでOK。なければ、先にiLokのアカウントを作成しておく
   https://www.ilok.com/
 b. シリアルナンバーとして発行されているwebアドレスにアクセスしてログイン。
 c. 以下、指示に従ってアカウントへのライセンス登録する。
 d. ilokアカウントへのライセンス登録が完了したら、iLok License Managerにてライセンスをilokに移動。

2. インストーラをダウンロードする!
SoundBladeのパッケージにはインストーラが入っていないので、インストーラをダウンロードしてインストールする必要があります。

 e. 以下ページよりインストーラをダウンロード
  http://www.sonicstudio.com/sonic/support/support#downloads
 f. ダウンロードしたら、インストール!

ちなみに、SoundBladeのマニュアルは以下サイトでダウンロードできます。
http://download.minet.jp/DownloadItems/SonicStudio/soundBlade_Manual.zip

以上でした!!そうそう、安い方(LE)と高い方(SE)の違いは、色んなエフェクターが入っているかどうかの差で、単純にPQコードを打つとかタイトル入力するとかボリューム調整するするとか編集するとかの純粋なマスタリングソフトとしての使用なら、SEの方で充分と思います(^^)。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS