『はっぴいえんど』

Happyend.jpg 頭脳警察に感激した中学生の頃の僕は、「洋楽がカッコよくて邦楽はダサい」と思っていたのが一変、黎明期の日本のロックバンドを色々とあさりり始めたのでした。そんな中はっぴいえんどは、黎明期の日本のロックの代名詞的な扱いのバンド。細野晴臣、松本隆、大瀧詠一、鈴木茂の4人のメンバー全員が、以降の日本のポップス・シーンで大活躍。中学生の頃、僕は友人に大プッシュされてこのレコードを聴いたんですが、あまりに持ち上げて語られるものだから、「へえ~、そんなにすごいロックバンドなのか、頭脳警察や外道あたりよりもすごいのかなあ」と、聴く前からどんどん「ものすごいロック」という妄想を膨らませてしまい、それが間違いの始まり(^^;)。。

 「ロック」って色々ありますよね。ビーチボーイズだってロックで語られる事がありますし。でも、中学生の頃の僕にとってのロックは、やっぱり「熱い」「はやい」「はげしい」というのが絶対条件の音楽だと思ってたんです。ところがはっぴいえんどは、アップテンポの曲は全然なし、ヴォーカルもエモーショナルとは言いがたい、バンドも丁寧すぎるぐらいに丁寧でグルーヴしません。僕が思っている「ロック」的な条件に合うところがなかったのです。正直言うと、ちょっと肩透かしを食らった感じ。はっぴいえんどは神格化されすぎてる、と思ってしまったのでした(^^;)。
 もしかすると、リアルタイムで聴いた人と、僕みたいな後追いの人では、感想が変わってくるのかも知れません。この頃ぐらいから日本のポップスやニュー・ミュージックが洋楽コピー状態になりましたが(そのまえはムード歌謡とか演歌とか、和洋折衷みたいなものが多かった)、リアルタイムで体験した人は「おお、洋楽を洋楽のバンドと同じ感じで演奏するバンドが現れた!」なんて感じたのかも。僕的には、フォーク調の2曲目「かくれんぼ」とB面に入っている「朝」、そして「はっぴいえんど」のアコースティック・ギターがアルペジオするファーストコーラスあたりが、すごく好きなんです。つまり、いいと思うところが、アコースティックでフォークな部分ばかり(^^;)。だから、僕にとってのはっぴいえんどは、ロックではなく、「日本のバンド・フォークの元祖」ぐらいな感じなのでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド