『THE ROLLING STONES / HIGH TIDE & GREEN GRASS (BIG HITS)』

rollingStone_HighTide.jpg 小学生のころ、洋楽のロックバンドで知っているものがどれぐらいあっただろうか…すくなくとも、ローリング・ストーンズは、ビートルズの対抗バンドみたいな感じで名前だけは知っていました。そして、友達のお兄さんが持っていたのが、このアルバム。友達がお兄さんに内緒でコッソリ貸してくれたんですが、すこし不良なそのお兄さんにばれないかドキドキで、借りて聴いて翌日速攻で返した(^^)。

 ベスト盤という事ですが、昔はシングルカットされた曲はアルバムに入ってなかったりもするので、半分はベスト、半分はアルバム未収録のシングル曲だったりするのかも(←すみません、ストーンズにあんまり詳しくないもんで適当^^;)。ストーンズのナンバーでとっても有名な「サティスファクション」とか、「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」とか入ってました。で、ですね、その時の印象が、正直言ってあんまり良くなかったんです。音も音楽も古~い感じ、演奏もショボく感じました。あと、「ビッグヒッツ」と書いてあるのに、収録曲数も少なくって、あっという間に終わった(^^;)。それから、このLPだけなのかもしれませんが(たしか輸入盤でした)、サティスファクションのミックスが変だった。ある楽器が完全に右、ある楽器は完全に左、みたいに、どっちかに極端に寄ってたんですよね。なんだこれは、みたいに思ってしまい、小学生にはちょっと難しかったです。「お兄さんたちはこれをカッコいいと感じるのか、ボクにはまだ分からな世界やな」みたいな(^^)。これで、僕はローリングストーンズに苦手意識を持ってしまい、打破するのに時間がかかりました。その話はまた次回!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

BACH BACHさん、こんばんは。
この選曲は確かにね、「ロック」を期待すると??かもしれません。
僕も最初、ストーンズのよさはちんぷんかんぷんでした。
でも、ジャケットのブライアン・ジョーンズはかっこいいなぁー(笑)。

ブライアン・ジョーンズ

goldenblue さん、書き込みありがとうございます!

なるほど、やっぱり選曲にも問題があるんですか。幼いころの僕が理解できなかったのも、仕方なかったのかな?
僕も、ストーンズ道は、グッと来るまでに時間がかかりました(^^;)。。

ブライアン・ジョーンズさん、色んな意味でカッコいいですよね!「ストーンズはブライアン・ジョーンズが生きていた頃が一番好き」という友人がいまして、それも分かる気がします。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド