心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『THE ROLLING STONES / STICKY FINGERS』

THE ROLLING STONES STICKY FINGERS 甘いと言われようが、僕にとってのローリングストーンズ最高傑作は、しばらくずっとこれでした!!大好きでした(^^)。。
 前までの記事で書いていたローリング・ストーンズのアルバムは、ブライアン・ジョーンズというメンバーが在籍していた時期のもの。この人、残念ながら他界しちゃうんですが、ブライアンさんがいた時期というのは、ビートルズが現役で活動していた時期とだいたい被っているので、サウンドがマージービートとR&Bの合いの子みたいな感じ。それ、まだ子供だった僕にとっては、少し渋く感じてました。でもさすがに歴史の長いバンドなので、時代によってサウンドも音楽も少しずつ変化してるんですよね。高校の時に、ストーンズマニアの友人と出会いまして、彼がソニー時代のストーンズのCDを大量に貸してくれたんです、10枚ぐらいまとめてドカッと。ありがたい、持つべきものは友達っすね(^^)/。その中で一番グッと来たのがこれ、スティッキー・フィンガーズでした!で、あんまり好きなものだから、結局自分で買っちゃった。しかも、LPだとジーンズのファスナー部分が本物、このデザインがカッコよすぎたので、LPを買ってしまった。これが超カッコいいので、レコードを聴ける環境にある方は、ジャケットの為だけでもLP購入をおすすめします(^^)。

 1曲目「ブラウン・シュガー」、いかにもストーンズっぽいロックンロールなんですが、これが僕にはどツボ、良かった~!!そして、一番グッと来たのが「ワイルド・ホーセズ」というスローナンバー、これもいい曲、とくにミック・ジャガーのヴォーカルがいい!!音痴だと思ってたのに、そういうところじゃなくって、なんというか…グッときます。音楽って、テクも大事だけどハートが大事ですよね。また、ストーンズの演奏するブルースはあまり好きじゃなかったんですが、"You Gotta Move" はルーズでけだるくって、すごく良かったっす。。このルーズなかんじと、冴えた不良が書いたような歌詞がストーンズの魅力のひとつなんじゃないかと思ってます。こういう所に気づくのは、英語がまったく分からなかったり、いろんな価値観を理解できない小学生には無理で、僕の場合は反抗期と屈折と親友と彼女が出来るぐらいの時になるまで、ストーンズの良さは解れなかった、という事だったんだとおもいます。というわけで、ストーンズファンからは邪道といわれるかもしれませんが、僕が一番好きなストーンズのアルバムは、しばらくずっとこれでした。面白いと思うのは、このアルバムはすごく好きなのに、「山羊の頭のスープ」とか、その前後に出ている評価の高いアルバムは、あんまりピンと来なかったんですよね。その境に何があるのかは、自分でもよく分かりません(^^;)。そして、これよりいいと思うアルバムに後に出会うのですが、それがなんと苦手としていた60年代前半のストーンズというのが面白い。。その話はまた次回に。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS