『殺人遊戯 & 処刑遊戯 MUSIC FILE』

SatujinYuugi_Shokeiyuugi.jpg 前の記事で「りりぃさんの歌で好きなものが2曲ある」と書きましたが、そのうちもう一曲は、松田優作さん主演の「処刑遊戯」という映画の挿入歌の、ジャズっぽいピアノ弾き語りの曲。これが、りりぃさんの弾き語り(ほんとうにりりぃさんがピアノを演奏したかどうかは分かりません)で、すごくアンニュイな感じが漂っていて良かったのです(^^)。ちなみに曲名は「NAOKOのテーマ」。この曲に限らず、音楽全体がジャズ色に彩られてまして、それもスタンダードっぽいムードジャズばかりでなく、ニュージャズ寄りの先鋭的なインプロヴィゼーションが満載だったのです。この映画をみて、「音楽がエレクトリック・マイルスみたいでカッコいいな」とずっと思ってまして、サントラがCD化された時に飛びついて買いました(^^)。

音楽は大野雄二さん。大野さんと言えばルパン三世セカンド・シリーズの音楽で有名ですが、もともとは白木秀雄さんのグループに参加していた本格的なジャズピアニスト(しかしその頃の音を僕は聴いた事がありません。聴いてみたいなあ…)。というわけで、ジャズとかエレクトリックジャズは超得意分野だったんでしょうね。そこに、ハードボイルド路線の映画音楽の仕事が舞い込み、その才能を爆発させたのがこれ、という事なんだと思います。ルパン三世まで行ってしまうともうフュージョンに入ってポピュラー音楽化してしまった感じでしたが、このサントラの頃は硬派なエレクトリック・ジャズという感じで、めっちゃくちゃカッコいい!!前に日野皓正さんのエレクトリックジャズの大名盤について書いたことがありましたが、世界観は完全にアレです。あと、映画ではカメラの長回し(5分?10分?かなり長い)で主人公を追うようにしてハンドカメラだけで追うアクションシーンがあるんですが、そこでスリリングな音楽をつけるのが完全にエレクトリック・ジャズのアドリブ一発。これがバンド全体が白熱のプレイでカッコいい!!これ、マイルス・デイビスの「死刑台のエレベーター」みたいに、映画を見ながら演奏したのかなあ。フリージャズまで行かないけどギリギリの所で演奏が炸裂する硬派ジャズのこの感じ、メッチャかっこいいです!!エレクトリック・ジャズって、アコースティックなジャズの表現力も分かった上で、ちょっとだけエレクトリックのあの独特の音を加えると、いちばんカッコいいんじゃないかと思ってしまいます。これは、サントラというだけでなく、日本人ジャズの名盤の一枚といえるんじゃないでしょうか?!こういうサントラって、売り切れると突然プレミア状態になっちゃったりするので(「野獣死すべし」や「テッカマンブレード」のサントラなんか、えらい金額になってる)、欲しい人は急げ!今なら中古がまだ安いみたいです(^^)。。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はありがとうございました。

映画はちょっと私の趣味ではなさそうですが・・・音楽はかっこよさそうですね!興味あります。
大野さんはいい仕事されますね。一度コンサート行った事がありますが素晴らしかったです。

Re: No title

宮国さま、書きこみありがとうございます。寒くなってきましたね。

音楽、メッチャクチャにカッコいいです!映画は…そうですね、これは趣味が分かれそうです。少なくとも、万人受けとも、洗練された映画とも言えないかも(^^)。でも、音楽と絵の雰囲気とすごくマッチしていて、フィルムノワールとニューシネマと日本のアートシアターギルドの中間ぐらいの感じで、やっぱり音楽だけ取り出すより、映画を見た方が解りやすいかも知れません。

No title

そうですか!
それならば一度は映画も見てみないといけませんね。

宮崎は今日はわりと暖かかったのですが、明日から急に冷え込むそうです。風邪ひかないように気を付けないと・・・

遊戯シリーズは

松田優作さんが若い頃に主演した映画に「遊戯シリーズ」という3本の映画があるんですが、そのうちでは「処刑遊戯」という作品だけが正調フォルムノワール調です。「少ない予算の中でいかにいい映画を作るか」という姿勢まで、フィルムノワールそっくりで(^^;)、これが一発録りっぽい即興パートの多いジャズの演奏に実にマッチしていて、荒がある映画だけどそれを補って余りある勢いがある感じです。この「処刑遊戯」でのりりぃさんの歌がすごく味があっていいんですが、問題はりりぃさんのセリフが棒読み(^^;)。でも、歌手だから、これは仕方がないですね。

No title

詳しい情報ありがとうございます!
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド