心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『浅川マキ / 浅川マキの世界』

AsagawaMakinoSekai.jpg アンニュイな雰囲気の日本人女性ヴォーカルの系譜、第2弾。この人こそ、というかんじですが、浅川マキさん!!このアルバムに関して言うと、スピリチャル、日本の古いジャズ、歌謡音楽、アングラ劇団の雰囲気…このあたりがブレンドされてる印象。前に書いたカルメン・マキさんのアルバムに近い印象を受けると思ったら…ああ、寺山修司さんが作詞を手掛けた曲がけっこうあるんですね。アルバム全体が舞台のような構成になっているのも、寺山さんの手が入ったのかも。

 寺山さんのほか、僕がこのアルバムのもうひとりのキーマンと感じているのは、ジャズピアニストの渋谷毅さん。1曲目の「夜が明けたら」は、日本のアングラ歌謡を語るうえで外せない曲だと思いますが、以降のアルバムを聴いても、浅川さんは日本のジャズやジャズマンにひとかたならぬ思い入れがあるようです。なんというのかなあ…ともすれば情緒や雰囲気ばかりがフワフワと漂ってしまいがちな浅川さんや寺山さんの世界ですが、音楽上でのしっかりとした形を与えてくれているのが渋谷さんのピアノという感じ。渋谷さんのピアノ、アルバム冒頭にちょっといるだけなのに、それだけできちんとした音楽のアルバムという印象に変わってしまうんだからすごいッす。音楽でも舞台でも、ひとりでも技術がある人が入ると違いますね。昔の日本人ジャズマンはいいなあ、技術と同時にハートがあって…。あとは、名曲「かもめ」が入っているのもこのアルバムで、これはやっぱり物語展開をする寺山さんの詞がいいです!落ちが悲しくって、聴いた後にグッと残ります。

 というわけで、浅川マキさんのアルバムで、僕が一番印象に残っているのはこのアルバム。以降の僕は、舞台にしても音楽にしても日本のアングラから離れてしまいましたが、独特の魅力がある世界だなあ…と、今でも思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS