心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『スリープウォーカーズ』

SleepWalkers.jpg 数日前、出張先のホテルでたまたま見た映画です。女優さんが美人だな~と思って何となく見てました。しかしどこかで見た事のある顔だな…どこで見たんだっけな…ああ~思い出した、この女優さん、ツインピークスに出てた人じゃないですか!!DVトラック野郎の奥さんで、チェリーパイのおいしいダイナーで働いてたウェイトレスさんだ!、メッチェン・アミックというのか。今回見た「スリープウォーカーズ」という映画の制作がが1992年なので、ツインピークスが終わった後、最初にキャスティングされた仕事なのかな?ツインピークスは美人のオンパレードでしたが、この人はその中でもトップクラスの扱いでした。

 映画は、スティーブン・キング原作の、猫が人に化けて女を襲うという内容。狙われた女性がどうやってこの危機から逃れるか、みたいな。ホラーといっても、あまりエグい演出とかはなくて、まったりソフトな感じ。たぶん子供が見ても大丈夫じゃないかな?アメリカの映画って、「マッチョな主人公が金網に囲まれた格闘技大会みたいなところに出場」とか、「得体のしれない生物がいっぱい襲ってきて大パニック」とか、似たような映画が1000本ぐらいあるんじゃないかというようなジャンルがありますよね。これも、吸血鬼パターンの映画の典型で、見る前から大体想像がついて、その想像通りに物語が展開、オチも想像通り(^ㇿ^;)。こういう典型に嵌めて作られる映画って、日本でいう水戸黄門みたいなもので、一定の需要があるんでしょうね。そうじゃないと、同じパターンの映画が無数にあるのに、それでも作られ続ける説明がつかない。あ、でもちょっと分かる気がする、よく考えたら、子供のころに同じような変身ヒーローもののテレビを腐るほど見てたし、大人になってからも似たような時代劇をやたらと見てた時期もありました。。

MeAmeck.jpg 映画を見終わった後の感想は3つ。ひとつは、半年も経ったらこの映画の内容は忘れてるだろう事。ヘタすると、見た事すら忘れてるかも。悪く言えば退屈だけど、よく言えばそのぐらいの様式美を持っているといえそう(^^)。ふたつめは、ネコちゃんたち可愛いかった(^^)。最後は、俳優さんって大変だな、と思いました。アメリカは広いから、ハリウッドならまた別だけど、地方の俳優さんなんて、ローカルで生き残るのですら大変なんじゃないかと思うんでよね。そんな中、メッチェン・アミックさんは、アメリカどころか世界中で大ヒットしたTVドラマのメインキャストで当たり役を引き当て、しかもそこで美人と評判にすらなったのに、これだけの宝くじを引き当てても、以降あんまりキャスティングされないんだから…。ヒット作1本出たら安泰というわけにはいかない厳しい世界なんだな~。たしかに、大ヒット作で主要キャストだったのに、以降の映画やドラマで全然キャスティングされない俳優さんや女優さんはけっこう思い当たるぞ…。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS