心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: --  

『Albert Ayler / The First Recordings』

AlbertAyler_FirstRec.jpg ひとつ前の記事の『SPIRITUAL UNITY』がアイラーの最高傑作という人は多いと思いますし、私もそのひとりなんですが、あれがアイラーの音楽性の本質を捉えた録音であるかどうかというと、ちょっと違うような気がしています。あれは特異点というか、アイラーっぽくないというか。ある意味で、フリージャズの王道すぎるというか。じゃ、私が何をアイラーっぽいと思っているかというと…きっとそれはこのアルバムに詰まってるんじゃないかと思っています。このアルバムを最初に聴いた時の、何とも言えない肌触りは、今でも覚えています。

 山下洋輔トリオがアイラーの"GHOST"という曲を演奏したことで、私は初めてアルバート・アイラーというフリージャズのサックス奏者の事を知りました。それで、ジャズディスクガイドみたいな本に載っていたこのアルバムを手に入れたのでした。その時の感想は言葉ではうまく言い表せないんですが、しいていえば「なんじゃこりゃ?!」という感じ。自分の常識ではまったく判断不可能なものだったのです。
 どんな音楽だって、たいがいはうまいとかヘタとか、あるいは好きとか嫌いとか、何かしら判断できたりしませんか?それって、何がうまい下手の基準になってるかとか、自分に何らかの判断基準があってのことだと思うのです。ところが、このアルバムを最初に聴いた時には、まったくそれが出来なかったのです。本当に判断不能に陥ったんですよね。こんな体験、あとにも先にも無かったんじゃないかという気がします。サックスが何を基準にこんな旋律を選ぶのか、どうすればこういう音楽に辿り着くのか、私自身の音楽観とのあまりのギャップにとまどい…そして惹きつけられました。
 これが、ハッタリ100%みたいな音楽だったら、僕は「インチキだ」とか「嫌いだ」とかいう観想を持ったと思うんですよ。あるいはその反対に分からないものへの盲信になってもおかしくなかったと思います。でも、その時はそのどちらにもならなかった。今にして思えば、自分が判断基準にしているような価値基準からこの音楽を判断しては、この音楽にあらわれているものを誤解しちゃうんじゃないかと思ったのかもしれません。で、どこかに鋭いものを感じていました。

 いま、この記事を書くのに久々に聞き返しているんですが、今では全く違う聞こえ方がします。要するに、この音楽の根底にあるのは、歌なんだと思います。でも、フリーという方法論に彩られ、そしてスタンダードをこんな音楽にしてしまう音楽に最初に出会った時のあの戸惑いにも似たような感覚は、人生で唯一無比だったような気がします。

 このアルバム、アマゾンで見てびっくりしました。中古で5万円が最安値?!これはいくらなんでも高すぎだろ…。昔は中古盤で1000円ぐらいで売ってたのに。。えっと、CD10枚組ぐらいで『Holy Ghost: Rare & Unissued Recordings 1962-70』というものが1~3万円ぐらいで出ているので、そちらを買った方が断然お得な気がします(私は聴いてません)。…このボックス、コルトレーンの葬儀の際の演奏も入ってるのか?!うわ、聴きたいけど、お金がない(;;)…これも限定盤みたいなので、いずれ5万円とか10万円とかになるんでしょうね。。





関連記事
スポンサーサイト

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS