声優の肝付兼太さんの訃報を受けて

999shasho.jpg 数日前、妻が「声優の肝付兼太さんが亡くなったらしいよ」と言っていました。僕は、「変わった名前だね、誰だっけ」みたいに生返事、〆切の迫った仕事をセッセとすすめ、そんな話はすっかり忘れていました。昨夜、ようやく仕事の一段落した僕は、うちにあったTV版の銀河鉄道999のビデオを何年かぶりに見たんです。10年ぶりぐらいじゃなかろうか…そして、クレジットを見てビックリ。「あ、妻が何日か前に言ってたのって、この人だったのか…」。読み方は、「きもつきかねた」さんらしいです。ドラえもんのスネ夫、ドカベンの殿馬、おそ松くんのイヤミ、999の車掌さん…僕はこの人の声を、物心のついたころからずっと聞いていたのでした。999を見て感無量になってしまったのですが、なぜかそれ以上に胸を締め付けられたのは、小学生のころ以降ほとんど見ていない、ドラえもんのスネ夫の記憶。

 アニメで良いと思う所は、登場人物が齢を取らない事。現実社会だと、生まれて、育って、色んな事があって、死んでいきます。でも、アニメの中のキャラクターは、齢を取らずに生きている事が出来ます。ドラえもんみたいに、小学校3~4年生ぐらい(?)の一番楽しかったころの日常が、永遠にずっと繰り返されているのを見ると、本当に幸福な世界だなあと思ってしまうのです。しかし、そんな永遠の世界に生きていた筈のスネ夫が死んでしまった…。僕が齢を取って、そろそろ自分が死ぬと思った時に、何を思い出すだろうかと考えると、なんとなく小学校3年生ぐらいの頃の気がします。毎日、仲の良い友達と3人で学校に行って、夏はビーチサンダル履いてプール行って、学校は楽しくて、放課後も楽しくて、家でも兄弟がいて楽しくて…良い思い出しかありません。そういう幸福な幼年期の永遠に続きそうな思い出が、ブツッと終わってしまったような、そんな寂しさを感じてしまいました。スネ夫の「おいのび太、悪いけど先に言ってるよ」という声や、車掌さんの「鉄郎さん、申し訳ありませんが先に銀河の旅に行きますね、メーテルさんといつまでも楽しい旅を」という声が聞こえてきそうです。肝付さん、ご冥福をお祈りします。天国で、いつまでもジャイアンと楽しく過ごしてください。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド