心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

レコードコレクターズと被ってしまった(^^;)

RecordCollectors16011.jpg 今日は祭日!!ずっと仕事が忙しかったので、この休みは無理やりオフという事にして、妻と街に出て買い物へ(^^)。せっかく都会へ出たので、大好きな本屋によると…レコードコレクターズ11月号の特集がローリングストーンズ。まったくの偶然ですが、被ってしまった。。パラパラと見たのですが、目的の買い物を先に済ませようと本屋を後回しにしたら、荷物が多くなってしまって帰りに寄れなくなった(- -*)。。ああ、先に買っておけばよかったよ。
 そんでもって、帰ってからネットで買おうとアマゾンを覗いてみると…アマゾンのレビュー欄、ずいぶん前からレコードコレクターズを毎号ボロクソに言っている人が張り付いてるんですよね。今回もひどかったです(=^▽^=)。1時間立ち読みして、最低の内容だったそうです。1冊の本を1時間も立ち読みは窃盗に近いよなとか、それで文句を言う神経がすげえなとか、立ち読みしてからわざわざアマゾンにレビューを書きにくるのかとか、突っ込みどころは幾つもあるんですが(^^;)、この人、匿名だと思ってだんだんエスカレートしてるんじゃないですかね。そんなに主張したいなら、人の文句ばっかり言ってないで、ブログでも作って自分でCDレビューでもなんでもすればいいのにね。第3者の僕ですら、出版社さんや編集部さんやライターさんが気の毒に思えてきたよ。。

 でも、ずっと粘着しているこの人のいう事は、ずっと一貫していて、言い方がさすがにマズイと思うけど(出版社さんは訴えてみて欲しいなあ、これはアウトだろという表現があったこともあるので、勝てるんじゃ無かろうか…)、分からなくもない所があります。僕にとってのレコードコレクターズは、若い頃からラストのリイシューされたCDのレビューが一番楽しみで、いまだにそこを中心に読んでるんですが、たしかにメインとなっているはずの特集が何度も何度もビートルズやストーンズばかりでは、ちょっとね…(だから、この雑誌の特集は、第2特集以降が本当に編集部がやりたかった特集だと思っています)。情報が欲しくて情報誌を買っている読者からすれば、同じ情報を何度出されもなあ…というのはあります。多くの商業誌の自己矛盾は、広告主と記事内容の関係なんでしょうね。さすがに子供じゃないので、そんな事は分かった上で情報を取り出すのが、大人の読み方なんじゃないかと思いますが。
 というわけで、レコードコレクターズと被ってしまいましたが、めげずにストーンズの感想を続ける事にしよう(^^)。僕自身をふくめ、僕のまわりは「ストーンズは合わない」という人が結構いましたが、でもカッコいい曲やアルバムに出会った事があるので、それを紹介できればと思ってます。久々に聴いたら、けっこう良かったんですよ(^^)。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS