『Holly Cole Trio / Blame it on my youth』

HollyCole_BlameItOnMyYouth.jpg 僕が慣れ親しんでいた「calling you」は、バグダッドカフェのサントラではなく、このホリー・コールというカナダの女性ジャズ・ヴォーカリストの歌っていたバージョンでした(^^)。そして…このアルバム、タイトルのわりに、「BLAME IT ON MY YOUTH」は演奏してなかったりして(^^)。

 この綺麗な感じの音(録音?)が大好きなんです(^^)。昔のブルーノートみたいに、グチャッとした熱いジャズな音も好きなんですが、ちょっと冷たい感じもあるこの音が、ここにある音楽に凄く合ってる気がして、すっごく好き。4曲目の「smile」なんて、絶品です。音色だけでなく、音像を小さくした感じが綺麗。そして、ドラムレスでピアノとコントラバスだけで歌を支えるこの編成が好き。僕、歌の伴奏にドラムっていらないと思うんですよね。もちろんあった方が良いと思う曲もあるけど、メトロノームの役割ていどしか果たさない程度の8ビートや16ビートを叩くだけなら、シンコペーションの妙を消すという悪影響が大きすぎるので、歌伴奏にドラムは要らないと思う。
 そして、ピアノとベースが、あくまで歌を活かすためにどうするか、という所を見つめているのがすごく好きなんです。ジャズって、ソロパートになると、なんというのかなあ…それが、熱い感情や美しい何かを伝えていると思える時はいいんだけど、「僕、けっこううまいでしょ?」という練習発表会に聴こえてきちゃうと付き合いきれなくなる事が多くてですね…(^^;)。でも歌伴奏となると、ピアニストやギタリストが突如として音楽的になる事がけっこうあると感じます。歌のメロディをどう発展させるかとか、演奏披露大会じゃなくって、とつぜん音楽を見つめはじめる、みたいな。前にも書きましたが、オスカー・ピーターソンとかジョー・パスとかね(^^)。このCDも、指が速く動くとか、苛烈なソロを2コーラスぶっ通すとか、そんな事はまったくしませんが、音の選び方とか、アプローチが、すごく音楽的。自分のソロがどうとかでなく、音楽を見つめて音を選んでる感じなんですよ。大人だなあ。。

 たぶん、このCDは、ジャズというよりポップスに近いと思うんですが、でも決してイージーな事はやってないと思います。凄く音楽的で、良い意味で歌手や聴き手に寄り添っていて、やってる事が大人。…って、やっぱりピアニストの目線で音楽を聴いちゃうんだなあ、僕は(反省)。このCD、売れすぎて市場に大量に余ってるみたいで、アマゾンだと1円とか、馬鹿みたいに安く売ってるみたい。でも、内容が低くて安いというわけではないし、素晴らしいヴォーカルアルバムだと思うので、聴いた事のない方は、ぜひ!!大おススメです(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バグダット・カフェは、(設定が少し変わっているけど)話自体はハートウォーミングなものなのに、演出が意味不明で、どうしてこんなシーンが必要なのかなぁ・・・とは感じていました。

Calling Youもこちらのバージョンを先に聴いていたので、映画の方になんだか違和感を感じてしまいました(汗)

このアルバムはよく聴いてます。とても好きですが、ついつい仕事のBGMとして流してしまいます。今度はもっと集中して深く聴いてみることにします。

Smileは、誰がアイディア出してどのような過程でこのようなアレンジになったのか不思議な感じがします。

深く聴いてみるといろいろ発見がありそうです。情報ありがとうございました!

Re: No title

宮国さま、書き込みありがとうございます!ますます寒くなってきましたね。

バグダッド・カフェの演出は、ちょっとクサいですよね(^^;)。アートな方面に持っていきたいなら、もうちょっとアートをちゃんと追求しないと…浅いままなんでもやっちゃうという軽さが80~90年代的ということなのかも。

Calling You、やっぱりこっちの方が印象が強いですよね!僕もそうです(^^)。ホリー・コール・トリオは、たぶんピアニストの(ピアノじゃなくって)アレンジのセンスがバツグンなんでしょうね。こっちこそアート性に優れていると思っちゃいます(^^)。。BGMとしても優れているというのは、なかなかできない事だと思います。

No title

こちらは、さざんかの花がきれいに咲いています。

バグダッド・カフェのような話は荻上直子さんだったらもっといい感じにつくってくれそうな気がします。(素人なので的外れなこと言ってるかもしれませんが・・・)

ピアニストのアレンジのセンスですか・・・そうなんですね。曲によっては冒険的なアレンジもありますね(このあたりも素人で的外れだったらすみません)・・・

君住む街角なんですが、このアルバムのバージョンを聴いた後に、竹内まりやさんのDenimのバージョンを聴いて(大げさですが)腰を抜かしました(笑)。歌詞の内容から言えばおそらく竹内さんの方が一般的なアレンジなんでしょうね・・・

私は最初の二曲も好きです。一曲目・二曲目とも、出だしのピアノフレーズが好きです。

Re: No title

宮国さん、書き込みありがとうございます。

アートフィルムって、結局は全国ロードショーみたいな形式の映画では無理なんでしょうね。それこそ、昔の美術家が作った短編映画とかでしか、アートフィルムは作れないんじゃないかと思ってしまいます。

音楽にとって、アレンジは凄く重要だと思います。むかし、スモールフェイセズの記事でちょっと書いたんですが、ポップスはメロディやコード進行には気をつかう割に、ダメなアレンジが多くってガックリきてしまうことが多いです。まだスケッチの段階なのに、この状態で発表しちゃうのか…みたいな。演奏の勢いみたいなものも大事だと思いますが、同じぐらいにアレンジにも拘って欲しいなあ。そんな中、このCDはすごく丁寧な仕事だと思います。名盤ですよね(^^)。。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド