『King Crimson / In the court of the Crimson King』

KingCrimson_CrimsonKing.jpg グレッグ・レイクさんが他界してしまいました。僕にとってのグレッグ・レイクといえば、もう間違いなくこの1枚。ロック史上でも屈指の名盤のひとつ、キング・クリムゾンのデビューアルバムです。1969年発表。こんな凄いうえにすでに大有名なレコードについて、僕なんかが書けることなんて何もないんですが。。

 このレコードの何にビビったかというと、このレコードが出る前までのロックやポップスとは段違いの演奏テクニック、そしてこれまた段違いのアレンジ能力でした。だって、このちょっと前というと、6年前でやっとビートルズとかストーンズがデビュー、2~3年前でようやくクリームやジミヘンが出てきたぐらいなもので、ロックは色んな意味で若い音楽、その中でちょっとちょっとしたアドリブを取れるとか、ちょっと演奏がうまいとか、どんぐりん背比べぐらいのところでスターになっちゃうようなジャンルだったと思うんですよ。ところが、いきなり演奏のレベルも音楽のレベルも段違いのものが出てきた!ついでにいうと、詩のレベルもいきなり文学詩レベル。「混沌は私の墓碑銘となるだろう」なんて詩、これまでのロックではあり得なかったと思います。
 クラシックの管弦楽法を学んだとしか思えないアレンジ(たぶん、ロバート・フリップさんなんでしょうね)に、ジャズ系のインプロヴィゼーションの技法を学んできたとしか思えないドラマーとベーシストが乗っかり、さらにこれまでのロックではありえなかったような素晴らしい録音…もう、これは鳥肌が立ちました。僕にとってのキング・クリムゾンの最強のレコードは、「太陽と戦慄」「暗黒の世界」「レッド」の3枚と、その時期のライブなんですが、このファーストが無ければ、あの衝撃の音楽に出会う事もなかったんじゃないかと思います。
 あまりに有名な「21世紀の精神異常者」は、このあと最初の解散まで、ライブでスゴイ大名演がいくつも生まれますが、このデビュー盤の「21世紀」でビビらされるのはマイケル・ジャイルスのドラムとグレッグ・レイクのベースです。これはロックのセッションなんてレベルじゃない、ほとんどジャズミュージシャンクラスの演奏です。そして、それ以外の曲は静か目の曲が多いんですが、そこでは木管楽器やメロトロン(ここではストリングスオーケストラの音を録音して使っている)のアレンジが素晴らしすぎ。でもここまでだったら、キング・クリムゾンは「うまい」とか「うつくしい」とかいうだけで終わったかも。すごいのは、ロックとかジャズとかクラシックとかのいい所を全部取ったところじゃなくって、その最前線をやろうとしたところなんじゃないかと思います。、その先鋭的な感覚がはっきりと形になってくるのは、もう少し後になってからだと思うんですが。。

 そして、僕はいつもこのアルバムの後半の「エピタフ」「ムーンチャイルド」「クリムゾンキングの宮殿」の、非の打ちどころのない、そしてこれまでのロックになかった音楽的な完璧さに打ちのめされてしまいます。このレコードを聴いた事がないなんて人は音楽ファンの中にいないでしょうが、それも当然の大名盤だと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

激しい音に

優しいボーカルが最高です。
キングクリムゾンはこのアルバムと次とレッドしか聴いたことありませんです

Re: 激しい音に

ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

このアルバム、さすがですよね。最初の解散までのキング・クリムゾンはヴォーカルが4人いますが、きれいな声のヴォーカルばかりでした。そういう方針だったのかも。

ハードロック好きな人には、「レッド」は受け入れられるんじゃないかと思います。ぜひアルバム「太陽と戦慄」は聴いてみて欲しいです、できれば大音量で!1曲だけならアルバム「暗黒の世界」に入っていた「fracture」という曲が強烈です。ハードロック好きの方も、きっと燃えると思いますよ!!

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド