心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『King Crimson / Lizard』

KingCrimsonLizard.jpg グレッグ・レイクさん追悼でクリムゾンの初期メンバーの音源を紹介するつもりが、聴いていたら初期クリムゾンにハマってしまいました(^^;)。。『リザード』は1970年発表のキングクリムゾンのサードアルバムで、このアルバムからベース&ヴォーカルがグレッグ・レイクからゴードン・ハスケルに変更。キングクリムゾンは、『クリムゾンキングの宮殿』、『ポセイドンの目覚め』、『リザード』の最初の3枚が似た傾向で、交響曲的なんですよね。同時期でも、ライブだとインプロヴィゼーションもバンバン飛んでくるので、もしかすると1枚目の大成功で、アルバム制作では1枚目と似たようなものが求められたのかも。結果、2枚目はアルバムの構成も曲調も1枚目とそっくりの劣化版みたいでつまらなくって(^^;)、しかしこの3枚目は魅力が満載。美しいと怪しいが混在しています(^^)。

 このアルバムの魅力はなんといってもB面の組曲「LIZARD」。これはシンフォニックな傾向にある初期キングクリムゾンの最高傑作でしょう!!僕的には、キングクリムゾンどころか、「シンフォニック・ロック」なんて呼ばれる音楽の中でも最高の楽曲じゃないかと思ってます!中間転調部に入った時の美しさに背筋ゾクゾク、コールアングレの演奏パートなんて鳥肌ものです。ボレロっぽくなるところは笑っちゃいますが(^^)、でもロックでこんな演奏技術があったバンドも、また管弦楽法の知識があったバンドも空前のことだったんでしょうね。ちなみに、はじめて「LIZARD」を聴いた時の感想は、「ああ、『ガンダムのめぐりあい宇宙』の主題歌はクリムゾンのパクリだったのか」というものでした(^^;)。曲調もアレンジもそっくりです。

 他には、A面1曲目「サーカス」も魅力ギッチリ。最初の解散までのキングクリムゾンの魅力は、スゴイとか美しいとかだけじゃなくって、なによりヤバい感じがあったところに尽きるんじゃないかと。「サーカス」では、おそらくこの譜面通りに演奏していたらけっこう美しい曲になりそうなもんですが、ギターのアルペジオが超絶にうまいだけでなく、ヤバさ満載。。曲の再起部では金管楽器でサーカスの呼び込みっぽいメロディがカウンターに入ってくるんですが、これも楽しいだけでなくどこかヤバい。曲も最後には不協和音で終わります。いやあ、うまいとか美しいだけだったら、僕はここまでキングクリムゾンにのめり込む事はなかったんじゃないかと。この危険な感じが、ゾクゾク来るんですよね。
 というわけで、『クリムゾンキングの宮殿』にシビれて、似たような傾向のクリムゾンを聴きたいという方がいらっしゃいましたら、ポセイドンではなくリザードを聴きましょう。曲の完成度はファースト以上、とっつきは悪いかも知れませんが、聴きこむと「ああ、これはすばらしいわ」と唸らされる深みのあるアルバムだと思います!!


関連記事
スポンサーサイト

Comments
Lizard 
レイクつながりで宮殿がレヴューされたところで、海外に飛んだものでコメント出来ず。
今見たら3枚目になっていました。(2枚目は省略ですか?)
Lizardは、今聞いても管弦楽曲のような味わいがありますね。
(だからロックファンに人気が無い?)
1,2,3枚目は、一時期夢中になって聞いていましたが、
3rdは「ペトルーシュカ」を連想してしまうのは、ジャケットのイメージでしょうか?
Re: Lizard 
AKIさん、書き込みありがとうございます。海外ですか!いいな~、うらやましいな~(^^)。

2枚目は個人的に好きでないので省略です( ̄ー ̄)。リザードは素晴らしすぎ!僕の想像では、ファースト聴いて2枚目で「あ、もういいや」となる人が多くって、サードは好き嫌いの前に聴かれていない不幸があるんじゃないかと予想してます。

ペトルーシュカのイメージですか、なるほど。ジャケットもさることながら、サーカスとか芝居的なイメージもそこに付け加わっているのかも知れませんね。分かる気がします。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS